版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
小児の咳嗽診療ガイドライン2020 日本小児呼吸器学会(著/文) - 診断と治療社
..

小児の咳嗽診療ガイドライン2020

B5判
縦257mm 横182mm 厚さ9mm
重さ 409g
184ページ
定価 3,800円+税
ISBN
9784787823496
Cコード
C3047
専門 単行本 医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年7月
書店発売日
登録日
2020年6月19日
最終更新日
2020年6月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日本小児呼吸器学会作成,わが国初の小児の咳嗽疾患に対する診断・治療ガイドラインを6年ぶりに改訂.初版に引き続き,小児の咳嗽の原因を年齢別に,代表的な疾患を重点的に解説し,巻頭カラーの診断フローチャートに沿えば,すぐに確認したい疾患へ読み進められる.改訂では,薬物治療に関するCQを設定,他学会による評価も充実させ,よりエビデンスに基づく記載とした.ぜひ小児呼吸器患者を診療するすべての医師にご活用いただきたい.

目次

Contents

急性咳嗽の鑑別診断フローチャート―経過が3週未満の咳嗽―
遷延性咳嗽の鑑別診断フローチャート―3週以上8週未満続く咳嗽―
慢性咳嗽の鑑別診断フローチャート―8週以上続く咳嗽―
救急外来でみる咳嗽の鑑別診断フローチャート
カラー口絵

刊行にあたって
「小児の咳嗽診療ガイドライン」作成委員会
作成にあたって


Part.Ⅰ CQ篇
 CQ?1  小児の長引く咳嗽に抗菌薬を推奨するか?
 CQ?2  小児の長引く咳嗽に吸入β2刺激薬を推奨するか?
 CQ?3  小児の長引く咳嗽にヒスタミンH1受容体拮抗薬を推奨するか?
 CQ?4  小児の長引く咳嗽に吸入ステロイド薬(ICS)を推奨するか?
 CQ?5  小児の長引く咳嗽にロイコトリエン受容体拮抗薬(LTRA)を推奨するか?
 CQ?6  小児の長引く咳嗽にプロトンポンプ阻害薬(PPI)治療を推奨するか?
 CQ?7  小児の急性気管支炎の咳嗽に経口β2刺激薬を推奨するか?
 CQ?8  小児の後鼻漏症候群による咳嗽に推奨できる薬剤はあるか?


Part.Ⅱ 解説篇
 第1章 咳嗽の概念,病態生理,評価法
  A.概念・分類
  B.病態生理
  C.評価法の解説
 第2章 咳嗽の疫学
  A.総 論
  B.海外との比較
  C.成人との比較
 第3章 咳嗽の診断
  A.問 診(医療面接)
  B.咳嗽患者の身体所見
  C.咳嗽患者の検査所見
   1 血液・感染検査
   2 生理学的検査
   3 画像検査
  D.鑑別診断(年齢による咳嗽の原因疾患の特徴)
  E.確定診断の進め方
   1 急性咳嗽のフローチャート―経過が3週未満の咳嗽―
   2 遷延性咳嗽のフローチャート―3週以上8週未満続く咳嗽―
   3 慢性咳嗽のフローチャート―8週以上続く咳嗽―
   4 救急医療の必要な咳嗽フローチャート
 第4章 咳嗽の治療
  A.治療の進め方
  B.薬物による治療
   1 中枢性鎮咳薬
   2 抗菌薬
   3 去痰薬
   4 β2刺激薬
   5 副腎皮質ステロイド
   6 ロイコトリエン受容体拮抗薬
   7 ヒスタミンH1受容体拮抗薬
   8 ヒスタミンH2受容体拮抗薬とプロトンポンプ阻害薬
   9 クロモグリク酸ナトリウム(DSCG)
   10 抗コリン薬
   11 Th2サイトカイン阻害薬
   12 漢方薬
   トピックス 難治性慢性咳嗽の治療薬としてのガバペンチン(抗てんかん薬)
   参 考 一般用医薬品(OTC医薬品)・民間療法
  C.非薬物療法による治療
   1 呼吸理学療法
   2 鼻汁吸引と鼻腔洗浄
   3 加 湿
 第5章 おもな疾患
  A.気道系の先天異常
   1 上気道病変
   2 下気道病変
  B.感染症
   1 急性鼻咽頭炎(普通感冒)
   2 鼻・副鼻腔炎(ウイルス性・細菌性)
   3 気管支炎・肺炎・胸膜炎
   4 急性細気管支炎
   5 百日咳
   6 ウイルス性クループ
   7 急性喉頭蓋炎
   8 肺結核
  C.アレルギー疾患
   1 喘 息
   2 アレルギー性鼻炎(通年性・季節性)
   3 咳喘息
   4 アナフィラキシー
   5 アトピー咳嗽/喉頭アレルギー
  D.気道異物・胃食道逆流症・誤嚥
   1 気道異物
   2 胃食道逆流症(GERD)
   3 誤嚥(吸引)・吸入
  E.心因性咳嗽
  F.その他
   1 喫煙・受動喫煙
   2 大気汚染と室内空気汚染
  G.咳嗽が遷延・重症化しやすい基礎疾患

 今後の課題と展望

付 録 咳嗽を伴うおもな疾患の特徴
索 引

上記内容は本書刊行時のものです。