版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
はじまれ、ふたたび 姜 信子(著/文) - 新泉社
..
詳細画像 0

書店員向け情報

9784787721013

はじまれ、ふたたび いのちの歌をめぐる旅

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:新泉社
四六判
204ページ
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-7877-2101-3   COPY
ISBN 13
9784787721013   COPY
ISBN 10h
4-7877-2101-1   COPY
ISBN 10
4787721011   COPY
出版者記号
7877   COPY
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年5月31日
書店発売日
登録日
2021年4月20日
最終更新日
2021年5月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

20世紀最後の年から2011年東日本大震災までの10年あまりの間、私は遠い旅を重ねました。そこにはつねに歌があり、語られることのない無数の記憶がありました。
――本書より

カザフスタンから韓国・済州島へ。サハリンからイリオモテへ。歴史の波に翻弄され、地上をさすらう民――朝鮮からの離散民や沖縄移民、炭鉱夫、ハンセン病者、北方の少数民族。著者は世界各地を旅し、人びとが生きのびるために伝える「いのち」の歌や物語を記録してきた。旅先で出会ったのは、歌や物語の中で語られる記憶、そして語られることのない「声にならない声」だった――。
「聞こえない声、見えない光、この世を去った魂たちが棲まう、心の奥の「空白」の風景」を訪ねる、11編の詩情あふれるエッセイ集。東日本震災の体験も含め、記憶だけでなく「記憶の空白」を見つめ、人間の生と死、再生への道を問う。
本書は、2011年に刊行した『はじまれ』の増補新版。あらたに、震災後10年をテーマにした書き下ろしの作品を収録して再リリース。

目次

増補新版まえがき――あなたに贈るはじまりの歌 

i はじまれ 
 英雄ナージャ 
 旅するパンドラ 
 彷徨いの絆 
 長夜の夢は獨覚 
 熊本、コリア、洗足池、キラウエア 
 取り返しのつかない話 
 私は行くよ 
 夢――縛めと赦し 
 真っ白な愛 
 生きる 
 はじまれ 

ii はじまれ、ふたたび 
 不穏な神の声で

著者プロフィール

姜 信子  (キョウノブコ)  (著/文

1961年、神奈川県生まれ。作家。著書に『生きとし生ける空白の物語』(港の人)、『平成山椒太夫』(せりか書房)、『現代説経集』(ぷねうま舎)など多数。共著に『完全版 韓国・フェミニズム・日本』(斎藤真理子編、河出書房新社)など、訳書にピョン・ヘヨン『モンスーン』(白水社)、ホ・ヨンソン『海女たち』(新泉社、趙倫子と共訳)など。2017年、『声 千年先に届くほどに』(ぷねうま舎)で鉄犬ヘテロトピア文学賞受賞。

上記内容は本書刊行時のものです。