版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
博多周縁の中世山林寺院 首羅山遺跡 江上 智恵(著/文) - 新泉社
..

書店員向け情報

9784787720399
シリーズ「遺跡を学ぶ」 149

博多周縁の中世山林寺院 首羅山遺跡

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:新泉社
A5判
96ページ
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-7877-2039-9   COPY
ISBN 13
9784787720399   COPY
ISBN 10h
4-7877-2039-2   COPY
ISBN 10
4787720392   COPY
出版者記号
7877   COPY
Cコード
C1021
教養 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年4月15日
書店発売日
登録日
2021年3月18日
最終更新日
2021年3月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

貿易都市博多周縁の久山町の山中から、貿易陶磁器の優品や大陸系石造物、庭園状遺構がみつかり、平安時代末から鎌倉時代の大陸系山林寺院であることがわかった。里山になぜこうした寺院があったのか。博多とつながる活動とその役割を探究する。

目次

第1章 まぼろしの山林寺院
1 首羅山遺跡とは
2 地元の声からはじまった調査
3 山中に広がる坊跡

第2章 平安時代の首羅山
1 寺院のはじまり
2 経塚の造営
3 石鍋製作跡の謎をとく
4 貿易陶磁器の優品と梵字瓦

第3章 鎌倉時代の首羅山
1 薩摩塔と宋風獅子
2 中心となる堂宇
3 庭園状遺構の謎
4 板碑と墓地群
5 博多と首羅山
6 福岡平野周縁の山寺

第4章 首羅山の衰退とその後
1 衰退の要因
2 近世の首羅山
3 山麓に残る首羅山の痕跡

第5章 地域とともに─保存と活用
1 「わたしたちの首羅山遺跡」
2 「地域」と文化財
3 首羅山遺跡とまちづくり

著者プロフィール

江上 智恵  (エガミ トモエ)  (著/文

1966年、福岡県生まれ。
日本大学文理学部卒業。
葛飾区教育委員会学芸員を経て、現在、久山町教育委員会教育課課長。
主な著作 『ふくおか歴史の山歩き』(海鳥社)、『福岡県歴史散歩』(共著・海鳥社)、『8500人のまちづくり』(共著・海鳥社)、「首羅山遺跡出土の青白磁刻花文深鉢」(『貿易陶磁研究』№30)

上記内容は本書刊行時のものです。