版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
〈こっくりさん〉と〈千里眼〉・増補版 一柳 廣孝(著) - 青弓社
.

書店員向け情報

在庫ステータス

在庫あり

取次情報

取次: ト|ニ|楽天|中|大阪村上楽器|協和|八木|弘正堂
直接取引: あり(その他)
青弓社ルネサンス 7

〈こっくりさん〉と〈千里眼〉・増補版 日本近代と心霊学

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:青弓社
A5判
縦216mm 横152mm 厚さ22mm
重さ 464g
266ページ
上製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-7872-9257-5   COPY
ISBN 13
9784787292575   COPY
ISBN 10h
4-7872-9257-9   COPY
ISBN 10
4787292579   COPY
出版者記号
7872   COPY
 
Cコード
C0395
一般 全集・双書 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年12月29日
書店発売日
登録日
2020年11月24日
最終更新日
2021年4月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

明治半ば以降、一気に広まった不思議な遊び「こっくりさん」、人々を熱狂させた催眠術、透視をめぐる論争を巻き起こした千里眼事件を掘り起こし、それらに通底していた心霊学と科学の相克を描き出す。明治期のオカルト現象から日本の近代化の一側面を照らす。

目次

第1部 〈こっくりさん〉と〈千里眼〉

はじめに

第1章 明治のこっくりさん
 1 「こっくりさん」の流行
 2 近代心霊学の誕生

第2章 催眠術と「煩悶の時代」
 1 催眠術の流行
 2 「煩悶の時代」
 3 明治というカオス

第3章 千里眼と科学
 1 最初の千里眼
 2 心霊学の流行
 3 長尾郁子と「丸亀事件」
 4 葛藤――千里眼と科学
 5 「迷信」という封印

第4章 科学のゆくえ・心霊学のゆくえ
 1 大正期以降の心霊学
 2 ニュー・サイエンス
 3 おわりに

参考文献

あとがき

第2部 その後の〈こっくりさん〉と〈千里眼〉

第1章 千里眼は科学の分析対象たりうるか
 はじめに
 1 今村新吉「透視に就て」の問題機制
 2 千鶴子の透視実験と各学問ジャンルの対応の諸相
 3 念写の登場と京大光線の発見
 4 千里眼は科学の分析対象たりうるか
 おわりに

第2章 催眠術と霊術のあいだ
 はじめに
 1 雑誌「心理研究」の位置
 2 「心理研究」応答欄と催眠術
 3 隆盛する霊術へのまなざし
 4 噴出する福来批判
 おわりに

第3章 「こっくりさん」の変容
 はじめに
 1 「こっくりさん」の生成――一九七〇年代のブームまで
 2 「こっくりさん」の変容
 3 少女文化としての「こっくりさん」
 おわりに――筆仙・碟仙・「こっくりさん」

初出一覧

増補版あとがき

解説 いま蘇る「一柳世界」の原点 東 雅夫

版元から一言

1970年代のオカルトブームによって広く知られるようになった心霊現象の数々。現在では多様なメディアがこれらのアイテムを物語に取り込み、消費している。では、これらを束ねる「心霊」という解釈格子は、はたしてどこからやってきたのだろうか。

明治半ば以降、一気に広まった不思議な遊び「こっくりさん」、人々を熱狂させた催眠術、透視をめぐる論争を巻き起こした千里眼事件を掘り起こし、それらに通底していた心霊学と科学の相克を描き出す。

「信仰」「迷信」「心」と「科学」のあわいに発生して、多くの人々の耳目を引いた明治期のオカルト現象から、日本の近代化の一側面を照らす怪異研究の古典を復刊。千里眼事件の再検討や大正期の催眠術の受容、「こっくりさん」の戦後を扱った論考を増補し、東雅夫氏による解説も所収する。

著者プロフィール

一柳 廣孝  (イチヤナギ ヒロタカ)  (

1959年、和歌山県生まれ。横浜国立大学教育学部教授。専攻は日本近現代文学・文化史。著書に『怪異の表象空間――メディア・オカルト・サブカルチャー』(国書刊行会)、『無意識という物語――近代日本と「心」の行方』(名古屋大学出版会)、『催眠術の日本近代』(青弓社)、監修に「怪異の時空」全3巻、編著に『オカルトの帝国――1970年代の日本を読む』『「学校の怪談」はささやく』『心霊写真は語る』(いずれも青弓社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。