版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
宝塚イズム46 薮下 哲司(編著) - 青弓社
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト|ニ|楽天|中   書店
大阪村上楽器|弘正堂|八木|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 返品は常時フリーです。了解者名が必要な場合は「矢野」と記入してください

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

宝塚イズム46 (タカラヅカイズムヨンジュウロク) 特集 ありがとう真風涼帆&潤花 (トクシュウ アリガトウマカゼスズホアンドジュンハナ)

芸能・タレント
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:青弓社
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ14mm
重さ 272g
170ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-7872-7452-6   COPY
ISBN 13
9784787274526   COPY
ISBN 10h
4-7872-7452-X   COPY
ISBN 10
478727452X   COPY
出版者記号
7872   COPY
Cコード
C0374  
0:一般 3:全集・双書 74:演劇・映画
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年1月13日
書店発売日
登録日
2022年12月2日
最終更新日
2023年1月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

退団を発表した宙組トップコンビの真風涼帆と潤花に心からの「ありがとう」を贈る特集号。小特集では、退団する雪組トップ娘役の朝月希和と次期トップ娘役の夢白あやに惜別と期待の言葉をつづる。OGロングインタビューには霧矢大夢と咲妃みゆが登場。

目次

特集 ありがとう真風涼帆&潤花
 はじめに 真風×潤、奇跡の巡り合い 薮下哲司
 真風涼帆伝説のはじまり――星組新人公演時代、その華やかなりし軌跡 橘 涼香
 多面的魅力を発揮した宙組二番手時代 木谷富士子
 宙組のキラーT――後輩のプラス細胞を作り続けて 加藤暁子
 トップコンビという関係性 岩本 拓
 剛の真風と柔の芹香、奇跡のバディ 瀧尻浩士

小特集 朝月希和への惜別、夢白あやへの期待
 はじめに 朝月希和から夢白あやへ――雪組トップ娘役がつなぐバトンリレーに寄せて 橘 涼香
 「海の見える街」での出会いが月をきらめかせた――朝月希和がつかんだサクセスと、夢白あやへの期待 大宮高史
 月光のような娘役――朝月希和の退団と上級生娘役の活躍に寄せて 伊藤 愛
 個性あふれる実力者たちの輝き――朝月・飛龍・音の退団に寄せて 増田のぞみ

公演評2022・3―11
 花組『巡礼の年――リスト・フェレンツ、魂の彷徨』『Fashionable Empire』
  いまこの瞬間(ルビ:とき)を生きよう……!――さらなる歩みを続ける柚香時代の花組 増田のぞみ
  思いを寄せたすべての人々の記憶に残り続ける舞台 橘 涼香
 月組『グレート・ギャツビー』
  早くも月城の代表作に 岩本 拓
  珠玉の月組アンサンブルに魅せられて 加藤暁子
 雪組『夢介千両みやげ』『Sensational!』
  タカラヅカは大衆芸能なのだ!――日本物アイデンティティーを継承するコメディー 大宮高史
 雪組『蒼穹の昴』
  人「生」を照らす「昴」――「性」を超えるタカラジェンヌの輝き 伊藤 愛
 星組『めぐり会いは再び next generation――真夜中の依頼人』『Gran Cantante!!』
  礼&舞空の「いま」を堪能する二本立て――星組のnext generationへの期待を込めて 伊藤 愛
 星組『ディミトリ――曙光に散る、紫の花』『JAGUAR BEAT――ジャガービート』
  二〇二二年の宝塚を象徴する二本立て 橘 涼香
 宙組『HiGH&LOW――THE PREQUEL』『Capricciosa!!』
  特選!宝塚発日帰りツアー――SWORD地区とイタリアを巡る旅 瀧尻浩士
  バイオレンスとラブロマンスが融合、超異色のコラボ舞台 大宮高史
 対談 過去作品の掘り起こしと挑戦作品が並んだ半年間 二〇二二年六―十一月の外箱公演 薮下哲司/橘 涼香

新人公演評2022・6―10
 文字どおりの一夜限りの本番にすべてをそそいだ新人たちの輝き――東京宝塚劇場篇 橘 涼香

OG公演評2022・6―11
 困難が続く時代にこそ必要な作品を支える宝塚OGの光彩――関東篇 橘 涼香
 望海×明日海、豪華共演など話題作続々――関西篇 薮下哲司

OGロングインタビューSpecial 霧矢大夢&咲妃みゆ――宝塚で一緒だったから、わかる話がある 聞き手/橘 涼香



【読者のみなさまへ】
12月27日に、原田諒氏のハラスメントに関する一部報道がなされました。1月13日から販売を始める『宝塚イズム46』(以下、本書)には、報道内で言及されている『蒼穹の昴』の公演評を収めています。

本書の『蒼穹の昴』公演評は報道前に書かれ、報道時にはすでに印刷を終えていました。また、編集部一同、報道に大変驚いています。ハラスメントは決して許されることではありません。被害に遭われた方の一日も早いご快復を祈念しております。

そのうえで、上記公演の性質、本書に携わってくださった関係各位、本書を待ってくださっている読者のみなさまのことを踏まえ、本書は予定どおり刊行いたします。

ご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

青弓社編集部
2022年12月29日

版元から一言

宙組トップコンビ真風涼帆と潤花が2023年6月で退団することを発表した。

真風は5年を超える長期間、トップを務め、作品ごとに男役の色気や貫禄を増し、王道から個性的な役柄までをその演技力で見せた。また、ハイレベルな歌やダンス、包容力あふれる人柄でファンを魅了した。潤は、その美しさや華やかさ、はつらつとした個性をもとに瑞々しい等身大の女性から、大人の女性の魅力までと幅広く造形して、真風とスケール感があるコンビを作り上げた。特集では、退団する2人に感謝と惜別を贈る。

小特集では、12月25日付で退団する雪組トップ娘役の朝月希和の足跡をたどり、次期トップ娘役である夢白あやへの期待をつづる。また、宙組『HiGH&LOW』や月組『グレート・ギャツビー』など、各組の公演評も所収する。

好評の外箱公演をめぐる対談、新人公演評、OG公演評、OGインタビューなど、多彩なコンテンツでタカラヅカの魅力を語り尽くす。

著者プロフィール

薮下 哲司  (ヤブシタ テツジ)  (編著

映画・演劇評論家、元スポーツニッポン新聞社特別委員、元甲南女子大学非常勤講師。毎日文化センター宝塚講座担当。著書に『宝塚歌劇支局1』『宝塚歌劇支局2』『宝塚伝説2001』(いずれも青弓社)ほか。宝塚歌劇コラム「銀橋のきらめき」(「毎日新聞」全国版朝刊、第三日曜日)を連載中。ブログ「薮下哲司の宝塚歌劇支局プラス」(https://ameblo.jp/takarazukakagekishikyoku/)。

橘 涼香  (タチバナ スズカ)  (編著

演劇・音楽ライター。国際演劇評論家協会日本センター会員。演劇専門誌「えんぶ」(えんぶ)、ウェブ「演劇キック」「論座スターファイル」などで活動中。著書に『タカラヅカレビュー!』(青弓社)。
◆真風涼帆と潤花コンビに贈るありがとうの言葉を中心とした号をついにお届けすることになりました。さまざまな思い出が去来しますが、世界初の女性が演じるジェームズ・ボンドが最大の花を咲かせてくれることに期待しています。

上記内容は本書刊行時のものです。