版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
コティングリー妖精事件 井村 君江(編著) - 青弓社
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号: 03-3268-0381
注文FAX番号: 0120-55-3746
注文メール: mail@seikyusha.co.jp
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|大阪村上楽器|弘正堂|八木|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 返品は常時フリーです。了解者名が必要な場合は「矢野」と記入してください

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784787274397

コティングリー妖精事件 イギリス妖精写真の新事実

芸術
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:青弓社
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ16mm
重さ 360g
200ページ
並製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-7872-7439-7   COPY
ISBN 13
9784787274397   COPY
ISBN 10h
4-7872-7439-2   COPY
ISBN 10
4787274392   COPY
出版者記号
7872   COPY
Cコード
C0072
一般 単行本 写真・工芸
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年6月25日
書店発売日
登録日
2021年5月7日
最終更新日
2021年9月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

真偽が話題になり、コナン・ドイルなどを巻き込んで当時のイギリスにセンセーションを巻き起こしたコティングリー妖精写真。事件をめぐる新資料をフルカラーで紹介し、社会的・文化的な背景を多角的に検証して、妖精写真から人々の感性や時代性を照らす。

目次

まえがき――「コティングリー妖精事件」の存在意義 井村君江

なぜいまになってコティングリー妖精事件か? 吉田孝一

第1部 新資料「エドワード・L・ガードナーの鞄」
 第1章 新資料「エドワード・L・ガードナー遺品」紹介
 第2章 ガードナーの鞄の意味 井村君江
 第3章 新史料に見る「コティングリー妖精写真事件」の再演、再構成の可能性 井沼香保里
 第4章 妖精写真奔走記 浜野志保
 参考 コティングリー妖精事件の主な関係者

第2部 コティングリーはいま
 第5章 現在のコティングリー 写真:谷津 翆
 第6章 コティングリーのいま、リーズ大学調査 井村君江
 第7章 「コティングリー妖精事件」100周年記念講演/現在のコティングリー村 富田実加子
 第8章 ヘイゼル・ゲイナー氏インタビュー 富田実加子

第3部 妖精事件をめぐって
 第9章 コティングリー妖精写真と心霊写真 赤井敏夫
 第10章 ジョー・クーパー 井村淳一
 第11章 妖精写真「ごっこ」の真実 鏡 リュウジ
 第12章 ポスト・ファクチャルなフェアリー事件のこと 高山 宏
 第13章 写真にだまされる楽しみ 浜野志保
 第14章 コティングリー妖精写真の航跡をたどって――エドワード・ガードナーの鞄とガラス乾板の冒険 メリック・バロー
 On the Trail of the Cottingley Fairies Photographs: Edward Gardner’s Briefcase and the Adventure of the Glass Negatives(Merrick Burrow)

妖精写真ふたたび――あとがきにかえて 浜野志保

あとがき 井村君江

版元から一言

コティングリー妖精写真は、1917年と20年にイギリスのコティングリー村に住んでいたいとこである2人の少女フランシスとエルシーが野外で出会った妖精の姿を撮影した不思議な写真である。公表されるやいなや真偽が話題になり、「シャーロック・ホームズ」シリーズの作者アーサー・コナン・ドイルなどを巻き込んで、当時のイギリスにセンセーションを巻き起こした。

この事件の調査に関わった神智学者エドワード・L・ガードナーが所有していた鞄が、100年を経て海を渡り、日本にやってきた。その鞄に入っていた貴重な新資料――「2人の少女と妖精」の5枚の写真プリントやネガフィルム、未公開の写真、手書きの手紙・文書などをフルカラーで紹介する。

資料の詳細な解説に加えて、社会的・文化的な背景や心霊写真との比較、写真にだまされる「楽しみ」を論じる論考も所収して、妖精写真から人々の感性や時代性を浮き彫りにする。

著者プロフィール

井村 君江  (イムラ キミエ)  (編著

英文学者・比較文学者。明星大学名誉教授。うつのみや妖精ミュージアム名誉館長。金山町妖精美術館館長。著書に『妖精学大全』(東京書籍)、『ケルト妖精学』(筑摩書房)、『帰朝者の日本』(東京創元社、近刊予定)、訳書にW・B・イエイツ編『ケルト妖精物語』(筑摩書房)、ウィリアム・シェイクスピア『新訳 テンペスト』(レベル)、アーサー・コナン・ドイル『妖精の到来――コティングリー村の事件』(アトリエサード)ほか多数。

浜野 志保  (ハマノ シホ)  (編著

千葉工業大学創造工学部教授。専攻は近代ヨーロッパ視覚文化史・周縁科学文化史。著書に『写真のボーダーランド』(青弓社)、訳書にタイラー・コーエン『創造的破壊』(作品社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。