版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
宝塚イズム39 薮下 哲司(編著) - 青弓社
.

宝塚イズム39 特集 さよなら紅ゆずる&綺咲愛里

発行:青弓社
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ13mm
重さ 246g
164ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-7872-7420-5
Cコード
C0374
一般 全集・双書 演劇・映画
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年6月1日
発売予定日
登録日
2019年4月9日
最終更新日
2019年5月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

10月13日付での退団を発表した星組生え抜きトップコンビの紅ゆずる・綺咲愛里。紅は長身と華やかな容姿、王道からコメディーまでの幅広い演技力、独自のスター性で、綺咲は屈指の美貌と高レベルの演技やダンスで、それぞれファンを魅了して星組を紅色に染め上げた。特集では、同時退団する2人に感謝と惜別を送る。

小特集では、退団や異動を発表した月組・美弥るりか、星組・七海ひろき、宙組・愛月ひかる3人それぞれの決断に迫って、心からの「ありがとう」と今後へのエールをつづる。『ファントム』や『CASANOVA』などの公演評、外箱対談、好評の新人公演やOG公演の連載なども充実!

目次

特集 さよなら紅ゆずる&綺咲愛里
 はじめに 宝塚のスターになるために生まれた美形コンビ、紅ゆずる&綺咲愛里 薮下哲司
 演劇の神様をほほ笑ませた唯一無二――すべてが規格外だったトップスター・紅ゆずるに寄せて 鶴岡英理子
 幸福な星組トップコンビに敬愛と感謝を込めて 宮本啓子
 究極のコメディジェンヌ!――紅子は劇場でもあの世でもぶち生かす! 永岡俊哉
 綺咲愛里――新分野のかっこかわいい娘役 木谷富士子

小特集 美弥・七海・愛月、105周年の決断
 美弥と七海を「記憶」に刻み、愛月の武者修行を応援する春 水野成美
 美弥るりかの退団に思いを寄せて 岩本 拓
 Dearest 七海ひろきへ。十六年間お疲れさまでした。ありがとう 宮本啓子
 優しさがにじみ出る芝居巧者・愛月ひかる――専科で大輪の花を! 永岡俊哉

公演評2018・11―19・4
 花組『CASANOVA』
  限りある時を共に生きる――現花組の集大成としての『CASANOVA』 増田のぞみ
  人生には恋と明日海が必要だ 木谷富士子
 月組『夢現無双――吉川英治原作「宮本武蔵」より』『クルンテープ――天使の都』
  お披露目と退団公演と考えなければ…… 岩本 拓
  後半が見応えあり! 武蔵の心の成長の物語 永岡俊哉
 雪組『ファントム』
  傷の痛みを歌いながら生きる青年の物語 宮本啓子
  『ファントム』が問うもの 大越アイコ
 星組『霧深きエルベのほとり』『ESTRELLAS――星たち』
  宝塚歌劇百五周年によみがえった宝塚の不朽の名作と星々がきらめくショー 宮本啓子
  初恋の喜びと哀しみ 大越アイコ
 宙組『オーシャンズ11』
  安定感と安心感がある好舞台 薮下哲司
 対談 スター主演公演が集中したこの半年 二〇一八年十一月―一九年四月の外箱公演 薮下哲司/鶴岡英理子

新人公演評2018・11―19・4
 エネルギッシュでレベルが高い新人たちの躍動!――宝塚大劇場篇 永岡俊哉
 宝塚の財産演目が並んだなか、伝統を咀嚼し未来につなぐ新人たちの活躍――東京宝塚劇場篇 鶴岡英理子

OG公演評2018・10―19・4
 さらなる広がりを見せる宝塚OGたちの多彩な活躍!――関東篇 鶴岡英理子
 『ベルサイユのばら』四十五年祭にOGが集結!――関西篇 薮下哲司

OGロングインタビュー 愛希れいか――夢を与え、夢をかなえてくれた宝塚から、いま新たな舞台へ! 聞き手/橘 涼香

著者プロフィール

薮下 哲司  (ヤブシタ テツジ)  (編著

映画・演劇評論家、元スポーツニッポン新聞社特別委員、元甲南女子大学非常勤講師。毎日文化センター宝塚講座担当。著書に『宝塚歌劇支局1』『宝塚歌劇支局2』『宝塚伝説2001』(いずれも青弓社)ほか。宝塚歌劇コラム「銀橋のきらめき」(「毎日新聞」全国版朝刊、第三土曜日)を連載中。ブログ「薮下哲司の宝塚歌劇支局プラス」(http://ameblo.jp/takarazukakagekishikyoku/)。

鶴岡 英理子  (ツルオカ エリコ)  (編著

演劇ライター。著書に『宝塚のシルエット』、編著書に『宝塚ゼミ』シリーズ(ともに青弓社)ほか。インタビュー記事なども多数。
◆平成に編集が佳境だった本書を令和第一号として刊行するに感慨を覚えます。祝祭ムード一色の改元は初めてで、紅ゆずるさんに言葉の花束を贈る号にふさわしい雰囲気になったことにもミラクルを感じながらの編集になりました。

上記内容は本書刊行時のものです。