版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
空間と統治の社会学 佐幸 信介(著) - 青弓社
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|大阪村上楽器|弘正堂|八木|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 返品は常時フリーです。了解者名が必要な場合は「矢野」と記入してください

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784787234988

空間と統治の社会学 住宅・郊外・ステイホーム

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:青弓社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ18mm
重さ 275g
248ページ
並製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-7872-3498-8   COPY
ISBN 13
9784787234988   COPY
ISBN 10h
4-7872-3498-6   COPY
ISBN 10
4787234986   COPY
出版者記号
7872   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年9月28日
書店発売日
登録日
2021年8月11日
最終更新日
2022年4月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-12-25 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 飯野友幸(上智大学教授・アメリカ文学)
MORE
LESS

紹介

1990年代以降の経済的な危機のなか、都市空間や住居空間はどのように変容してきたのか。ルフェーブルやフーコーの議論を補助線にしながら、1990年代から現在までの空間のありようをたどり、流動性や利便性を求める空間の「不自由さ」を批判的に検証する。

目次

序 章 「空間の不自由」を問うということ

第1章 新自由主義と空間の暴力――金融資本と空間の接合
 1 サブプライムローン問題と住宅という財
 2 都市空間の変貌
 3 空間開発と金融資本
 4 公共空間の市場化と社会的所有の放棄

第2章 都市空間の変容のなかのオリンピック――再開発のなかの建築と空間
 1 書き換えられる都市空間
 2 フローの空間としての東京――首都高と経済空間への書き換え
 3 フローの空間としての都市――新自由主義化する空間
 4 二〇二〇年オリンピックの空間

第3章 囲われる空間のパラドックス
 1 生活を囲い込むこと
 2 集住空間のセキュリティ
 3 測定される安全/危険
 4 象徴暴力とコミュニティ
 5 逆説的な安全な空間

第4章 スマートシティと生政治――パブリック―プライベートの産業から住むことの統治に向けて
 1 スマートシティと空間――テクノロジーは何を対象にするのか
 2 産業としてのスマートシティ
 3 生政治としてのスマートシティ

第5章 郊外空間の反転した世界――『空中庭園』と住空間の経験
 1 表象としての住宅
 2 郊外と「住まわせる論理」
 3 郊外または反転した世界
 4 性愛の空間としての郊外

終 章 新型コロナ禍と「ホーム」という場所――カフカ「巣穴」を読む
 1 コロナ禍と権力の問題
 2 カフカ「巣穴」とホーム

あとがき

版元から一言

1990年代以降、バブル経済の崩壊とリーマンショックに象徴される経済的な危機や社会的な停滞のなか、都市空間や住居空間はどのように変容して、私たちはそのなかでどのような経験をしてきたのか。また、それを支えるテクノロジーは、私たちの身体にどのような影響を与えているのか。

開発と金融資本の結び付きや東京の再開発をたどることで「空間の動産化」を浮き彫りにして、集住空間のセキュリティやスマートシティの事例から住空間と統治のテクノロジーの関係を分析する。加えて、郊外の現在のありようやコロナ禍でのステイホームから、住まう空間が私たちに何を経験させているのかを明らかにする。

アンリ・ルフェーブルやミシェル・フーコーの議論を補助線にしながら、1990年代から現在までの空間の変容を具体的な事例からひもとき、流動性や利便性を求める空間の「不自由さ」を批判的に検証する。

著者プロフィール

佐幸 信介  (サコウ シンスケ)  (

1966年、長野県生まれ。日本大学法学部教授。専攻は社会学、メディア論、住宅社会論。共著に『国道16号線スタディーズ――二〇〇〇年代の郊外とロードサイドを読む』『失われざる十年の記憶――一九九〇年代の社会学』(ともに青弓社)、『コミュニケーション資本主義と〈コモン〉の探求――ポスト・ヒューマン時代のメディア論』(東京大学出版会)、『空間管理社会――監視と自由のパラドックス』(新曜社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。