版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
多様性との対話 岩渕 功一(編著) - 青弓社
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号: 03-3268-0381
注文FAX番号: 0120-55-3746
注文メール: mail@seikyusha.co.jp
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|大阪村上楽器|弘正堂|八木|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 返品は常時フリーです。了解者名が必要な場合は「矢野」と記入してください

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
青弓社ライブラリー 100

多様性との対話 ダイバーシティ推進が見えなくするもの

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:青弓社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ16mm
重さ 236g
240ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-7872-3483-4   COPY
ISBN 13
9784787234834   COPY
ISBN 10h
4-7872-3483-8   COPY
ISBN 10
4787234838   COPY
出版者記号
7872   COPY
Cコード
C0336
一般 全集・双書 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年3月25日
書店発売日
登録日
2021年2月17日
最終更新日
2021年7月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

3刷 出来予定日: 2021-07-28
2刷 出来予定日: 2021-05-21
MORE
LESS
現代は「多様性の時代」といわれ、ダイバーシティ推進の動きが活発化しています。しかし、こうした動きに問題はないのでしょうか? 「多様性」が新たな包摂と排除の構造を生み出すこともあるのではないか。そんな問題意識に基づく本書が、おかげさまで3刷出来です。

紹介

LGBT、ジェンダー、移民、多文化共生、視覚障害者、貧困、生きづらさ、当事者研究、インターセクショナリティ、教育実践――様々な分野の多様性との対話を通して、それらが抱える問題点を批判的に検証し、差別構造の解消に向けた連帯と実践の可能性を探る。

目次

第1章 多様性との対話 岩渕功一
 1 BLMとD&Iの取り違え
 2 「多様性/ダイバーシティ推進」が見えなくするもの
 3 日本での多様性/ダイバーシティ推進
 4 多様性との対話
 5 誰もが生きやすい社会に向けた横断的連携
 6 インターセクショナリティと連帯の可能性
 7 学び(捨て)の実践

第2章 ダイバーシティ推進とLGBT/SOGIのゆくえ――市場化される社会運動 新ヶ江章友
 1 ダイバーシティ推進とは何か
 2 経営学におけるダイバーシティ・マネジメントとは何か
 3 ダイバーシティ・マーケティングとLGBT/SOGI
 4 LGBTマーケティングと人権問題への意識

論点1 多文化共生がヘイトを超えるために 塩原良和

第3章 移民・多様性・民主主義――誰による、誰にとっての多文化共生か 髙谷 幸
 1 多文化共生をめぐるこれまでの批判
 2 多文化共生をめぐる問い――「何」から「誰」へ
 3 誰にとっての多文化共生か
 4 移民にとっての多文化共生か、地域にとっての多文化共生か
 5 誰による多文化共生か

第4章 生活保護言説における「日本人」と「外国人」を架橋する 河合優子
 1 生活保護制度の歴史と現状
 2 生活保護言説と「日本人」
 3 生活保護言説と「外国人」

論点2 メディア研究における「ダイバーシティ」の現在 林 香里

第5章 「生きづらさからの当事者研究会」の事例にみる排除の多様性と連帯の可能性 貴戸理恵
 1 「個人化・リスク化した排除の苦しみ」としての生きづらさ
 2 当事者研究での個別性・多様性と共同性のつながり
 3 多様性に立脚したつながりとは何か

第6章 「同じ女性」ではないことの希望――フェミニズムとインターセクショナリティ 清水晶子
 1 「#トランス女性は女性です」
 2 インターセクショナリティ
 3 「交差」の誤解
 4 同じではないことの連帯

論点3 みえない「特権」を可視化するダイバーシティ教育とは? 出口真紀子

第7章 共生を学び捨てる――多様性の実践に向けて 小ヶ谷千穂
 1 「共生のフィールドワーク」という授業について
 2 体当たりの邂逅――「正しい共生」のプレッシャーからの解放?
 3 距離をとられる、という経験――自らのまなざしに気づく
 4 ミックス・ルーツの学生の経験――自分自身を問い直す

第8章 アート/ミュージアムが開く多様性への意識 村田麻里子
 1 多様性の砦としてのアート/ミュージアム
 2 多様性の奨励とその課題
 3 アート/ミュージアム実践が投げかける問い

論点4 批判にとどまらず具体的に実践すること 松中 権[インタビュー聞き手:岩渕功一]

あとがき 岩渕功一

版元から一言

多様性の時代だと言われる。多様な背景をもつ人材の活用が革新的な創造性を高めるとして、企業、政府、地方自治体、教育機関、NGO/NPO、市民団体で多様性/ダイバーシティを奨励する動きが活発化している。

多様性/ダイバーシティの推進は女性、LGBT、障害者などの社会的なマイノリティの存在に目を向ける一方で、有用で受け入れやすい差異を選別化することで、いまだ続く差別・不平等を見えなくするとともに、新たな包摂と排除を生み出してもいる。

多様性/ダイバーシティの推進により建設的に取り組むには、構造化・制度化された差別・不平等の複雑な作用を理解して、様々な差異を平等に包含する方途を考え続けること、つまり、多様性と対話することが必要不可欠である。

LGBT、ジェンダー、移民、多文化共生、視覚障害者、貧困、生きづらさ、当事者研究、インターセクショナリティ、教育実践――様々な分野の多様性との対話を通して、それらが抱える問題点を批判的に検証し、差別構造の解消に向けた連帯と実践の可能性を探る。

著者プロフィール

岩渕 功一  (イワブチ コウイチ)  (編著

関西学院大学社会学部教授。専攻はメディア・文化研究。著書にResilient Borders and Cultural Diversity(Lexington Books)、『トランスナショナル・ジャパン』(岩波書店)、編著書に『〈ハーフ〉とは誰か』(青弓社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。