版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
フーディー ジョゼ・ジョンストン(著) - 青弓社
.

フーディー グルメフードスケープにおける民主主義と卓越化
原書: Foodies:Democracy and Distinction in the Gourmet Foodscape

発行:青弓社
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ27mm
重さ 535g
440ページ
並製
定価 4,000円+税
ISBN
978-4-7872-3473-5
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年7月28日
書店発売日
登録日
2020年6月17日
最終更新日
2020年7月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

食を自分のアイデンティティやライフスタイルとして捉える人々=フーディー。その言葉や存在は、TBSドラマ『グランメゾン東京』や三越伊勢丹運営の食メディア「FOODIE」、雑誌の特集で、日本でも知られるようになった。

高級店を訪れる一方、オーガニック食品やローカルフード、「手作り」にも引かれ、郷土料理やエスニック料理も味わう。「良い食べ物」を食べて学ぶことに強い関心をもつ彼/彼女たちの実態とは、いったいどのようなものか。

現代アメリカのフーディーの生活世界、セレブシェフへの熱狂、レストラン批評やフードブログの隆盛に、雑誌記事やテレビ番組、フーディー当事者へのインタビューから多角的に迫る。そして、「食の民主化」と「エキゾチシズム・真正性への希求」という食文化の両義性と、両者の緊張関係を析出する。

フーディーをめぐる食文化から階級や人種、ジェンダーの問題系を浮き彫りにして、そこに潜む社会的な不平等や雑食的な文化資本、卓越化の戦略を明らかにする「食の社会学」。

目次

第二版序文 ジョゼ・ジョンストン/シャイヨン・バウマン

第二版叢書序言 叢書編集者シャロン・ズーキン

謝辞 ジョゼ・ジョンストン/シャイヨン・バウマン

序 論 フーディーのおいしい世界に足を踏み入れる
 1 フランス料理の没落――料理の脱聖別化に関する歴史的展望
 2 現代のグルメフードスケープ――フーディーと不平等
 3 グルメフードスケープの主な特徴――嗜好とトレンド
 4 各章の概要

第1章 フーディー・オムニボア・言説
 1 食と嗜好の研究への招待
 2 言説・民主主義・卓越化
 3 「フーディー」とは何か?

第2章 真正性を食べる
 1 真正性を取り出す
 2 真正な食べ物の諸次元
 3 真正性の文化政治

第3章 料理上の他者――エキゾチシズムの探求
 1 料理植民地主義?
 2 料理コスモポリタニズム?
 3 エキゾチシズムの操作化

第4章 フーディーをめぐる政治――これはおいしい革命だ!
 1 政治的食事――歴史的展望
 2 フーディーをめぐる政治で競合するイデオロギー
 3 フーディーをめぐる政治の言説
 4 フーディーは語る――喜びと政治の均衡を保つ
 5 結論

第5章 階級と階級の不在
 1 グルメフード記事のフレーム――不平等の隠蔽
 2 階級不在を維持する三つのフレーム
 3 オムニボアとしてのフーディー――俗物性の拒否と地位の交渉
 4 階級と地位に関する結論――最小化されているが、やはり関連している

第6章 食に心を配る――フーディーのキッチンに見るジェンダー実践 ケイト・ケアンズ/ジョゼ・ジョンストン/シャイヨン・バウマン
 1 ジェンダー化されたフーディーへの招待
 2 ジェンダー・食・アイデンティティ
 3 フーディー文化に見るジェンダー実践
 4 喜び
 5 ケアワーク
 6 知識と熟練の技
 7 結論――フーディーはどのようにジェンダーを実践しているのか

結 論 フーディーの連続性・変化・道徳的両義性

補遺A インタビューデータ――方法論と質問

補遺B インタビュイーの基本属性

補遺C 言説分析――方法と結果

参考文献

監訳者あとがき 村井重樹

事項索引

人名索引

著者プロフィール

ジョゼ・ジョンストン  (ジョゼ ジョンストン)  (

トロント大学社会学部教授。共著にAcquired Tastes: Why Families Eat the Way They Do(University of British Columbia Press, 2014)、Food and Femininity(Bloomsbury, 2015)、Introducing Sociology Using the Stuff of Everyday Life(Routledge, 2016)など。

シャイヨン・バウマン  (シャイヨン バウマン)  (

トロント大学社会学部教授。著書にHollywood Highbrow: From Entertainment to Art(Princeton University Press, 2007)、共著にAging, Media, and Culture(Lexington Books, 2014)、Introducing Sociology Using the Stuff of Everyday Life(Routledge, 2016)など。

村井 重樹  (ムライ シゲキ)  (

島根県立大学総合政策学部准教授。専攻は理論社会学、文化社会学。共著に『社会学の力』(有斐閣)、訳書にベルナール・ライール『複数的世界』(青弓社)、論文に「食の実践と卓越化」(「三田社会学」第20号)など。

塚田 修一  (ツカダ シュウイチ)  (

相模女子大学学芸学部講師。専攻はメディア文化論、都市研究。共編著に『国道16号線スタディーズ』、共著に『アイドル論の教科書』(ともに青弓社)、論文に「米軍基地文化の形成と展開」(「人間と社会の探求」第88号)など。

片岡 栄美  (カタオカ エミ)  (

駒澤大学文学部教授。専攻は文化社会学、教育社会学。著書に『趣味の社会学』(青弓社)、共著に『変容する社会と教育のゆくえ』(岩波書店)、『文化の権力』(藤原書店)、『社会階層のポストモダン』(東京大学出版会)など。

宮下 阿子  (ミヤシタ アコ)  (

法政大学・洗足学園音楽大学ほか兼任講師。専攻は食の社会学、身体の社会学、病いの語り研究。共著に『感情を生きる』(慶應義塾大学出版会)、論文その他に「摂食障害における「くうこと」と「くうもの」」(「支援」Vol.6)、「〈生まれなおし〉のプロセスとしての摂食障害」(「社会志林」第65巻第3号)など。

上記内容は本書刊行時のものです。