版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
オカルトの惑星 吉田 司雄(編著) - 青弓社
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

品切れ・重版未定

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
子どもの文化     書店(直)
直接取引:あり
返品の考え方: 返品は常時フリーです。了解者名が必要な場合は「矢野」と記入してください

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

オカルトの惑星 (オカルトノワクセイ) 1980年代、もう一つの世界地図 (センキュウヒャクハチジュウネンダイモウヒトツノセカイチズ)

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:青弓社
四六判
268ページ
並製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-7872-3297-7   COPY
ISBN 13
9784787232977   COPY
ISBN 10h
4-7872-3297-5   COPY
ISBN 10
4787232975   COPY
出版者記号
7872   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2009年2月
書店発売日
登録日
2010年2月18日
最終更新日
2017年10月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

UFO、宇宙人、秘境、ニューエイジ、超古代史論争、土偶=宇宙人説……。1980年代、高度成長を背景にオカルトはテレビや雑誌などに取り上げられ、人々の心を引き付けていた。それらブームを取り上げて怪異現象の魅力を解説し、80年代の日本の熱狂に迫る。

目次

はじめに 吉田司雄

第1部 オカルトの水脈――一九六〇年代から八〇年代へ

第1章 美しい地球の〈秘境〉――〈オカルト〉の揺籃としての一九六〇年代〈秘境〉ブーム 飯倉義之
 1 一九六〇年代の〈秘境〉と「学術調査」
 2 大衆娯楽としての「海外学術調査」
 3 〈秘境〉をつくった男たち
 4 “書斎の探検家”の〈秘境〉の歩き方
 5 〈秘境〉はあなたの心の中に――オカルトから精神世界へ

第2章 オカルト・ジャパンの分水嶺――純粋学問としての人類学からの決別 金子 毅
 1 オカルトの揺籃としての人類学
 2 共振するオカルトと探検
 3 蜜月状態とその解消

第3章 邪馬台国と超古代史 原田 実
 1 新たなる志向
 2 「帝国」の逆襲
 3 時代の帰還
 4 見えざる脅威
 5 苦労な攻撃、地図の復習

第2部 地球の午後――一九八〇年代オカルトの地平

第4章 デニケン・ブームと遮光器土偶=宇宙人説 橋本順光
 1 古代宇宙飛行士飛来説=宇宙考古学の系譜
 2 遮光器土偶=宇宙人説
 3 ポピュラー・カルチャーのなかの「宇宙考古学」

第5章 シャンバラへの旅――八〇年代日本の危うい夢 宮坂 清
 1 アガルタの首都シャンバラ
 2 多彩な表象
 3 チベットに回帰するシャンバラ
 4 精神世界の救世主へ
 5 チベット人ディアスポラとカーラチャクラ

第6章 台湾のオカルト事情 伊藤龍平
 1 『小叮●(口偏に當)』と『●●(口偏に多+口偏に拉)A夢』
 2 日本文化がオカルトであった時代
 3 トンデモ本的思考

第7章 バブルとUFO 谷口 基
 1 「SF元年」と八〇年代日本の「UFO熱」
 2 救世主(ルビ:メシア)としての宇宙人像――『大予言』とともに
 3 良き隣人としての宇宙人――〈癒し系〉の先蹤
 4 UFOアブダクションと性的妄想
 5 恋人としての宇宙人――〈宇宙エロティシズム〉、その後の展開

第3部 日常化するオカルト――一九八〇年代から九〇年代へ

第8章 児童虐待とオカルト――一九八〇年代女性週刊誌における猟奇的虐待報道について 佐藤雅浩
 1 「児童虐待」報道の戦後史――一九八〇年代後半の記事数の増大
 2 一九八〇年代後半の猟奇的な海外の虐待報道
 3 隠された児童虐待の系譜――悪魔儀礼虐待と悪魔カルト
 4 日本での児童虐待問題の変容
 5 一九八〇年代後半の女性週刊誌というメディア空間――児童虐待報道とオカルト記事の交錯

第9章 かくも永き神の不在に、セカイを語るということ 小林 敦
 1 不可触なる中枢
 2 ある王の死と偽王の死と
 3 《物語》進化論
 4 世界の終りのアンダーグラウンド
 5 《物語》は続く

第10章 カリフォルニアから吹く風――オカルトから「精神世界」へ 一柳廣孝
 1 オカルトブームと「科学」の揺らぎ
 2 ニューサイエンスという「思想」
 3 八〇年代の新宗教と日本の雑誌メディア
 4 カリフォルニアから風が吹く

ネス湖への旅は終わらない――あとがきにかえて 吉田司雄

著者プロフィール

吉田 司雄  (ヨシダ モリオ)  (編著

1957年、東京都生まれ。工学院大学教員。専攻は日本近代文学、文化研究。編著に『探偵小説と日本近代』、共編著に『幻想文学、近代の魔界へ』『映画の恐怖』(いずれも青弓社)、『ディスクールの帝国』(新曜社)、『文化のなかのテクスト』(双文社出版)など。

上記内容は本書刊行時のものです。