版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
幻視する近代空間 川村 邦光(著) - 青弓社
.
復刊選書 8

幻視する近代空間 迷信・病気・座敷牢、あるいは歴史の記憶

発行:青弓社
四六判
216ページ
並製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-7872-3264-9
Cコード
C0339
一般 全集・双書 民族・風習
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2006年10月
書店発売日
登録日
2017年7月5日
最終更新日
2017年7月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

近代化の波のなか、民俗社会の危機的な状況に浮上したさまざまな事件──血税一揆、トラホーム、狐憑き、座敷牢などを軸として、変容する民衆の心性・コスモロジーと、それが国家による「死の共同体」へと統合されていく過程を透視する転換期の精神史。

目次

はじめに──厄災の「民俗」あるいは歴史の記憶からの出立

I 〈迷信〉と感情教育
 1 「血税一揆」の民俗的心性
 「血取り」「膏取り」の流言/「血税一揆」の生成/「血取り」のフォークロア/〈異人〉のフォークロア/〈異人〉の再生
 2 トラホームと感情教育
 文明開化と〈迷信〉/〈迷信〉のあぶりだし/病いと衛生/トラホームの出現/「迷信を避けよ」/感情教育への水路

II 狐憑きから「脳病」「神経病」へ
 1 狐憑きの民俗
 狐憑きの報道/近世の狐憑き論/生活世界での狐憑き/民俗治療と処遇
 2 精神医学の狐憑きへの視線
 狐憑きのフィールド・ワーク/ベルツの狐憑き論/呉秀三の狐憑き論/門脇真枝の狐憑き論
 3 「脳病」「神経病」のイデオロギー
 「脳病」「神経病」の来歴と流布/感覚・知覚の変容/「脳病」「神経病」薬の効能/「脳病」「神経病」の通俗化/イコン

III 座敷牢と幻視する霊魂
 1 座敷牢の生産
 相馬事件と「精神病者監護法」/座敷牢の実態/座敷牢のフォークロア
 2 狐憑きから妄想へ
 狐憑きの試練/「芦原将軍」の闘争/「妄想」考/パロディスト「芦原帝」
 3 出口なおの近代/日常性批判
 霊魂の覚醒/死と再生の空間/世の立替え/みたまの立替え/水晶のみたま/メディアとしての自己組織化

IV 近代日本と霊魂の行方
 1 位牌の漂泊
 「家殺し」の時代/祖先教の登場/先祖の再発見
 2 霊魂の近代
 日露戦争と心の交通/遊離魂の前線への逃亡/靖国教の霊魂管理/忠魂祭祀と人神思想/霊魂の記号化/先祖供養と民衆救済/死者との共存―共闘

あとがき

著者プロフィール

川村 邦光  (カワムラ クニミツ)  (

1950年生まれ。大阪大学教授。専攻は宗教学・近代文化史。著書『巫女の民俗学』『憑依の視座』(ともに青弓社)、『オトメの行方』(紀伊國屋書店)、『性家族の誕生』(筑摩書房)、『〈民俗の知〉の系譜』(昭和堂)、編著『戦死者のゆくえ』(青弓社)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。