版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
光の帝国/迷宮の革命 伊藤 公雄(著) - 青弓社
.
クリティーク叢書 10

光の帝国/迷宮の革命 鏡のなかのイタリア

発行:青弓社
四六判
224ページ
上製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-7872-3061-4
Cコード
C0330
一般 全集・双書 社会科学総記
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
1993年1月
書店発売日
登録日
2011年7月4日
最終更新日
2011年7月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 合理的・普遍的・理念的世界としての「近代ヨーロッパ」と対峙するイタリア。多元的なアイデンティティへの投企、多様性への挑戦──「ひとつ」であることの拒否の姿勢のなかにあるイタリアの文化と政治、その魅力を浮き彫りにする。

目次

はじめに──鏡のなかのイタリア1 光のなかの「帝国」(1) 退廃せる勇者の館 ガブリエーレ・ダンヌンツィオとヴィットリアーレ  一九三八年三月一日ヴィットリアーレ/一八六三年三月ペスカーラ/一九一八年ウイーン/一九一九年九月フィウーメ(2) あらゆる者の敵 クルツィオ・マラパルテ、その生涯  マラパルテ「共産主義者」/マラパルテ「トスカーナ人」/マラパルテ「共和主義者」・「兵士」/マラパルテ「ファシスト」/「あらゆる者の敵」マラパルテ/おわりに(3) 光のなかの「帝国」 イタリア・ファシズム下の映像メディア  はじめに/イタリア映画の盛衰/ファシズムの登場とイタリア映画/LUCEの誕生/ファシズムの映画政策/ファシズム体制下の映画/プラゼッティとカメリー二/白い電話器/反抗者たち──ネオ・レアリズモヘの道2 迷宮のなかの「革命」 (1)「鉛の時代」を越えて 「赤い旅団」という「物語」  「鉛の時代」/政治的コミュニケーションとしてのテロリズム/カトリック共産主義/「緊張の戦略」/血の闘争の開始/「運動」の混迷のなかで/「モロ事件」/「敗北」の総括──テロリズムと「運動」 (2)迷宮のなかの「革命」 U・エーコ『薔薇の名前』とモロ事件  事件の開始/解釈の迷宮/モロはモロではない/ジェルンディオ現在/『薔薇の名前』とモロ事件/悪魔払いのための作品/おわりに──二つの「言葉」の間で3 イタリア、ワンダーランド (1)イタリア風合理主義 (2)アッセンテイズモ 働かないという闘争 (3)クリエンテリズモ イタリア人の縁故主義 (4)ドポラヴォーロ ファシズムの余暇組織 (5)マフィアの変貌とイタリア社会  一つの殺人と一つの逮捕/犯罪地獄──イタリア/マフィアの起源/「現代的」変貌/マフィア告発と相次ぐ報復/マフィアとイタリア政治 (6)イタリア「共産党」は再生するか  「共産党」の放棄/新左翼からブレジネフ派まで/停滞のなかの実験/「ポスト産業時代の左翼」へ (7)覗き見風イタリア現代思想 F・アルベローニ、U・エーコ、C・ギンズブルグの邦訳された三冊の書物を中心に  F・アルベローニ──「集合運動」としての恋愛/U・エーコ──「開かれた作品」と社会変革/C・ギャンズブルグ──ミクロ・ストーリアの方法あとがき

関連リンク

青弓社

上記内容は本書刊行時のものです。