版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
イギリス労働者スポーツ運動史 青沼 裕之(著) - 青弓社
.

イギリス労働者スポーツ運動史 一九二三―五八年

発行:青弓社
A5判
縦210mm 横148mm
300ページ
並製
定価 3,600円+税
ISBN
978-4-7872-2083-7
Cコード
C0020
一般 単行本 歴史総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年4月25日
発売予定日
登録日
2019年3月13日
最終更新日
2019年3月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

スポーツの母国イギリスで、人々はどのようにスポーツを自らの権利として捉え、楽しむためのスポーツを獲得しようとしたのか。

1920年代から50年代にかけて、イギリスの労働者スポーツを支えて主張の実現を目指した組織の成立から解散までを貴重な史料からたどる。そして、政治革命や労働運動、プロパガンダと結び付いていたスポーツが、純粋に楽しむための権利として意識されるようになる紆余曲折のプロセスを掘り起こす。

組織の解散という結末から失敗だけを学ぶのではなく、イギリスの労働者スポーツ運動が現代に残した遺産を照らすスポーツ史の成果。国家や政治と密接な関係があるオリンピック開催を目前に控え、多様な人々を包摂する自発的なスポーツ活動の実現を考えるうえで示唆に富む一冊。

著者プロフィール

青沼 裕之  (アオヌマ ヒロユキ)  (

1958年、長野県生まれ。武蔵野美術大学教授。専攻はイギリススポーツ史。共著に『スポーツ・健康と現代社会』(武蔵野美術大学出版局)、『体育・スポーツの近現代――歴史からの問いかけ』(不昧堂出版)、『幻の東京オリンピックとその時代――戦時期のスポーツ・都市・身体』(青弓社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。