版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ただ生きるアナキズム 森 元斎(著) - 青弓社
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
子どもの文化     書店(直)
直接取引:あり
返品の考え方: 返品は常時フリーです。了解者名が必要な場合は「矢野」と記入してください

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

ただ生きるアナキズム (タダイキルアナキズム)

哲学・宗教
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:青弓社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ21mm
重さ 320g
312ページ
並製
定価 2,600円+税
ISBN
978-4-7872-1059-3   COPY
ISBN 13
9784787210593   COPY
ISBN 10h
4-7872-1059-9   COPY
ISBN 10
4787210599   COPY
出版者記号
7872   COPY
Cコード
C0010  
0:一般 0:単行本 10:哲学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2024年5月28日
書店発売日
登録日
2024年4月3日
最終更新日
2024年5月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

抵抗とは生である――音楽や映画、文学、思想を軽やかに跳躍して挑発的な語り口で国家や資本主義と対峙する戦略を提示し、不断の努力と相互扶助で日々の営みを支え、小さなさざ波から大きな潮目を変えていくための日常にあるアナキズムの可能性を活写する。

目次

0 序に代えて

音楽篇

1 東京の西から――フィッシュマンズについて
2 ルー・リードとニューヨーク
3 特異性の論争(ルビ:コントロヴァーシー)――プリンス、その経験の雫
4 キング・クリムゾンの残響――一九六九年の精神史
5 「少しづつ身体は死んでく」――ceroにまつわる思い出話
6 土と音楽

映画篇

7 after the requiem――ジャン=リュック・ゴダールの脱構成
8 王をたたえない――『バーフバリ』について
9 映画のなかのアナキズム――『金子文子と朴烈』(監督:イ・ジュンイク、二〇一七年)論
10 俺たちは共産主義者だ――『ギミー・デンジャー』
11 「力」のための覚醒剤――スパイク・リーのために
12 チョッケツ、アジア――空族『バンコクナイツ』
13 狼の夢/夢の狼――『狼を探して』(監督:キム・ミレ、二〇二〇年)

文学篇

14 森崎民俗学序説――森崎和江における「水のゾミア」の思想
15 瀬戸内寂聴のアナキズム
16 悶え加勢すること――石牟礼道子について
17 鉱物的な眼――谷川雁
18 地を這う精神――『はだしのゲン』
19 月と靄――稲垣足穂におけるリーマンと相対性理論、タルホ・コスモロジー

アナキズム思想篇

20 石川三四郎における地球の思考――ヨーロッパ滞在から土民生活へ
21 ダンスができない革命なんていらない――ルクリュからグレーバーまで
22 アナキズムの自然と自由――ブクチンとホワイトヘッド
23 抵抗とは生である
24 ロジャヴァ革命について

あとがき

版元から一言

国家や資本主義が私たちの欲望をさまざまに制限する現代にあって、「ただ生きる」とはどういうことか。「ただ生きる」ために、私たちは何をすべきなのか。

アナキズムの観点から、キング・クリムゾンを聴き、ゴダールや石牟礼道子の物語に飛び込み、デヴィッド・グレーバーや鶴見俊輔と対話してその思想を大胆に読み替える。社会の編み目にある暴力や非対称な関係性をあぶり出し、それらを避けるための基盤として相互扶助があり、自由があり、欲望があることを描き出す。

音楽や映画、文学、思想を軽やかに跳躍して、硬軟織り交ぜた文体とときに挑発的な語り口で国家や資本主義と対峙する。そして、不断の努力と相互扶助で日々の営みを支え、小さなさざ波から大きな潮目を変えていく、日常にあるアナキズムの可能性を活写する。

著者プロフィール

森 元斎  (モリ モトナオ)  (

1983年、東京都生まれ。長崎大学教員。専攻は哲学、思想史。著書に『死なないための暴力論』(集英社インターナショナル)、『もう革命しかないもんね』(晶文社)、『国道3号線――抵抗の民衆史』(共和国)、『アナキズム入門』(筑摩書房)、『具体性の哲学――ホワイトヘッドの知恵・生命・社会への思考』(以文社)、編著に『思想としてのアナキズム』(以文社)、共著に『国境を越える日本アナーキズム――19世紀末から20世紀半ばまで』(水声社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。