版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ゲーテッド・コミュニティ エドワード・J・ブレークリー(著) - 集文社
.

ゲーテッド・コミュニティ 米国の要塞都市

発行:集文社
A5判
264ページ
価格 2,300円+税
ISBN
978-4-7851-0220-3
Cコード
C3052
専門 単行本 建築
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2004年6月
書店発売日
登録日
2015年11月24日
最終更新日
2015年11月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2011-04-24 東京新聞/中日新聞
評者: 永井良和(関西大学教授)

紹介

米国では、望まない人物を含む部外者による侵入や接触を防ぐため、
近隣住区を外壁で取り囲み、ゲートを設置する『ゲーテッド・コミュニティ』の是非を問う論議に多くの市民が参加している。
ゲートは、犯罪阻止や安全確保といった、より広範な市民の問題や要求に応えている。
都市の過密地区では何らかの方法で出入りを制限することが安全保障に必要であろう。
しかしながら、ゲートがもたらすトータル・セキュリティの概念は見せ掛けのみであり、
殺人事件は外壁で囲まれた住宅地内でも起きているし、強盗や破壊行為の問題も変わらず続いている。
本書は、『ゲーテッド・コミュニティ』の現実と課題を、様々な情報を元にわかりやすくまとめた一冊である。

上記内容は本書刊行時のものです。