版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
値幅名人 高沢健太の億トレ投資法 高沢健太(著/文) - Clover出版
.

値幅名人 高沢健太の億トレ投資法 【DVDブック】史上最速! 最小知識! で1億円

発行:Clover出版
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ14mm
168ページ
並製
価格 1,400円+税
ISBN
978-4-7825-3518-9
Cコード
C0030
一般 単行本 社会科学総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年10月29日
書店発売日
登録日
2018年10月5日
最終更新日
2018年10月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「トレードは難しいもの」
「専門的な知識がなければいけない」

「情報を追いかけなければいけない」

そんな強迫観念を抱いている方も多いように思います。


実はそうではありません。
そう言い切ることができるのは、私のトレード手法がきわめてシンプルだからです。

それこそ、よくある指南書のように、
何十ページもチャート画面が掲載されていて、

さまざまな知識を覚え、
チャートの読み解き方を学ばなければいけない、というものとはまったく異なります。


【たった2つのポイント】それだけです。

誰でも実行することができるものなのです。
身につけることができるものです。


ですから、株式投資は難しいもの、
ものすごい労力を払って勉強しなければできないもの、
利益をあげられないもの、という固定観念をとり払ってください。

もともと、私自身はトレードの知識なんて持ち合わせていませんでした。
長年にわたりチャートを見てきたわけでもなく、
それこそ一から学ばなければいけない状態でスタートを切ったわけです。

そんな私が編み出した方法ですから、
誰にもまねができないような難解な方法であるわけがありません。

ただ、自分なりの発想と視点で見つけ出せたこと、それがあって、
1年半で1億円という利益へとつなげることができたのです。


それが本書で公開する【たった2つのポイント】であったのです。

目次

巻頭特別付録 高沢健太の億トレ投資法【DVD】

はじめに 1年半で1億円の利益!

まったくの素人からスタートして1年半で莫大な資金増加
負けないことの重要性とは? 「安定した収入を継続できること」
「トレードは難しい」は大きな間違い
私の手法は誰でもできるシンプルなもの
会社四季報や経済紙、経済指標のチェックも必要ない
多くの人に成功してほしいという願いが本書の原点


第1章 「ほんとうに利益があがるの?」という読者の皆さんに実績を公開!

株の指南書に対して起こる疑問とは?
こんな風にして1年半で1億円に!
スマホ1台でトレードはできる
ちりつも作戦で大きな利益に


第2章 知識ゼロからの出発

いざトレード開始! でも甘い姿勢にしっぺ返しが
株の日記をつけることで値動きが把握できた
一気に儲ける必要はない
「ちゃりんちゃりん投資法」が家計を助ける
予習・復習を欠かさない


第3章 こんなにシンプルでいいの!? 誰もができる手法

指標のどこに着目すればいいか分からない!? 見る必要があるものはかぎられている
高沢式トレードの柱はボリンジャーバンド
ボリンジャーバンドは収束と拡散を繰り返す
もう1つ重要な指標がRCI
ボリンジャーバンドとRCIを組み合わせれば売買のタイミングを予測できる
ハイレベルなテクニックはいらない 常識破りの手法


第4章 ボリンジャーバンドとRCIのどこを見るのか

「買い」はバンドの向きに気をつける
4つの足で向きをチェックする
RCIも線の向きをチェック
相場状況に左右されずに勝てるのが高沢式トレード


第5章 エントリーのタイミングの秘訣

ポイントを押さえて、よけいな不安を抱かない
取引銘柄の見つけ方
私が実践している具体的手法
インのタイミング
売りも買いも、ローソク足とボリンジャーバンドの関係性で判断する
ローソク足の中に重要な手がかりがある


第6章 トレードの極意、それはメンタルにあり

気持ちに左右されるのがトレードの怖さ
自分の感情は排除する
欲を捨てる! その方法は、「勝つこと」よりも「負けないこと」に重きを置くこと
自分の感情よりも他人の感情を考えることが大切――感情と勘定は別
増やす目的を具体化するのが大切 「なんのために、投資をしていますか?」
「素直な人」こそ上達する そして、疑問と疑うは別モノである


第7章 トレードで忘れてはならない10カ条

「私のトレード手法は補助輪なしの自転車に乗るのと同じ」(誰でも練習したらできる)
「適当にやると敵とあたる」
「手はお膝」
「目標は具体化する」
「感情と勘定は違う」
「株で勝てる人は素直」
「買わない勇気」
「買うときはまだまだ、売るときはもういいで売る」
「負ける自信がない」
「チャートの動きがスローに見える」


第8章 トレード実践に役立つポイント

トレードの回数は少なく 銘柄の数も多く持たない
保有する銘柄はこうやって選ぶ
取引のために必要な勉強とは?
損切りは正義 損切りが早い人は結果を出しやすい
慣れはじめた頃の「なんとなく」に気をつける
株はスキルだ! トレードにおいてスキルが大切
トレードに大切なのは「3つの健康」


第9章 みんなが悩む「あるある、Q&A」

第10章 絶対に儲けなければいけない! どん底からつかんだ成功

おわりに いちばん大切なのは努力すること

著者プロフィール

高沢健太  (著/文

株式投資家・億トレーダー

1976年 埼玉県春日部市生まれ

一般社団法人 お金の学校 認定講師

ファイナンシャルプランナー

息子の進学という経済的理由をきっかけに、それまで興味を抱いていた株式投資をはじめることに。
相場を研究していくにつれ「勝てる法則」があることに気づき、
スタート時の運用資金100万円をわずか1年4か月で、1億3000万円にすることに成功。

直接教えたコンサル生の平均勝率は7割以上。
パンローリング主催の投資EXPO2018では、500名以上の前で壇上に立ち、
その驚異的な実績が脚光を浴びる。

メディア出演依頼も殺到し、テレビ、ラジオ、雑誌に数多く出演。最近では、情報誌「SPA」で特集が組まれるほどに。

2018年6月には、自身のトレード手法を公開するセミナーを
東京・大阪で無料で開催し1000人を動員する。

2018年8月、待望の高沢健太株式投資塾、ミリオネア投資家クラブを開講。
10月にスタートさせたオンラインサロン、「億トレゼミ ―高沢流勝ち組メソッド―」も大きな話題を呼び、人気を博している。

ミッションは「1人でも多くの悩める個人投資家に、経済的・精神的自由を勝ちとってもらうこと」
「投資教育を通して日本を元気にすること」。座右の銘は「努力は運を支配する」。

株式投資業界から常に注目され続ける株式個人投資家である。

上記内容は本書刊行時のものです。