版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
聖の社会学 勝 桂子(著/文) - イースト・プレス
..
イースト新書

聖の社会学

新書判
縦180mm
328ページ
定価 907円+税
ISBN
9784781650821
Cコード
C0230
一般 新書 社会科学総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2017年4月
書店発売日
登録日
2017年6月4日
最終更新日
2017年6月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-06-04 東京新聞/中日新聞  朝刊

紹介

「墓じまい」「寺院消滅」に揺れる現代日本人の精神のよりどころは何処にあるのか
生老病苦を解き、「なぜ生きる?」に応える
私心を捨てた現代の聖を探せ!
戦後復興による経済成長が一九八〇年代で終わりを告げ、バブル崩壊後の停滞期に入ると、平均的な家庭では、故人の供養のために払える原資が薄くなった。給与は上がらないのに、闘病や介護で資産は激減。子どもたちの教育にかかる金額も尋常でない。その結果が、家庭葬や直葬など、縮小化された葬儀であり、「寺離れ」「墓じまい」の大流行である。
昭和の慣習の礎を失った現代日本人がメンタルヘルスに問題を抱えていることも、葬儀や供養の簡略化・個人化と無関係ではない。多忙な現代社会において、生きる実感を取り戻し、「いかに生き、いかに死者を弔うべきか」を示唆する聖と出会うための処方箋!

上記内容は本書刊行時のものです。