版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
1984年の歌謡曲 スージー 鈴木(著/文) - イースト・プレス
..
イースト新書

1984年の歌謡曲

新書判
縦180mm
280ページ
定価 907円+税
ISBN
9784781650807
Cコード
C0230
一般 新書 社会科学総記
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2017年2月
書店発売日
登録日
2017年3月8日
最終更新日
2017年3月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-04-15 日本経済新聞  朝刊

紹介

そして、<東京化>する日本の大衆音楽=<シティ・ポップ>が誕生した――。
バブル経済前夜、1984年は日本の歌謡曲においても大きな転回点だった。70年代から始まった「歌謡曲とニューミュージックの対立」は、「歌謡曲とニューミュージックの融合」に置き換えられた。同時に、「シティ・ポップ」=「東京人による、東京を舞台とした、東京人のための音楽」が誕生。それは都会的で、大人っぽく、カラカラに乾いたキャッチコピー的歌詞と、複雑なアレンジとコードを駆使した音楽であり、逆に言えば、「田舎」と「ヤンキー」を仮想敵とした音楽でもあった。1984年、それは日本の大衆音楽が最も洗練されていた時代――。

◎本書で取り上げた1984年の歌謡曲
安全地帯『ワインレッドの心』
アルフィー『星空のディスタンス』
チェッカーズ『涙のリクエスト』
杉山清貴&オメガトライブ『君のハートはマリンブルー』
吉川晃司『モニカ』
小林麻美『雨音はショパンの調べ』
岡田有希子『ファースト・デイト』
石川優子とチャゲ『ふたりの愛ランド』
オフコース『君が、嘘を、ついた』
原田知世『愛情物語』
チェッカーズ『哀しくてジェラシー』
薬師丸ひろ子『メイン・テーマ』
高橋真梨子『桃色吐息』
小泉今日子『迷宮のアンドローラ』
一世風靡セピア『前略、道の上より』
サザンオールスターズ『ミス・ブランニュー・デイ』
SALLY『バージンブルー』
中森明菜『十戒(1984)』
松田聖子『ピンクのモーツァルト』
チェッカーズ『星屑のステージ』
小泉今日子『ヤマトナデシコ七変化』
大沢誉志幸『そして僕は途方に暮れる』
アン・ルイス『六本木心中』
薬師丸ひろ子『Woman“Wの悲劇"より』
井上陽水『いっそセレナーデ』
安全地帯『恋の予感』
中森明菜『飾りじゃないのよ涙は』
チェッカーズ『ジュリアに傷心(ハートブレイク)』
小泉今日子『スターダスト・メモリー』……etc

上記内容は本書刊行時のものです。