版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
私の最高の彼氏とその彼女 ミン・ジヒョン(著/文) - イースト・プレス
..
詳細画像 0
【利用不可】

私の最高の彼氏とその彼女 (ワタシノサイコウノカレシトソノカノジョ)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
46
縦188mm 横128mm 厚さ25mm
重さ 361g
392ページ
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-7816-2257-6   COPY
ISBN 13
9784781622576   COPY
ISBN 10h
4-7816-2257-7   COPY
ISBN 10
4781622577   COPY
出版者記号
7816   COPY
Cコード
C0097  
0:一般 0:単行本 97:外国文学小説
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年10月10日
書店発売日
登録日
2023年8月15日
最終更新日
2023年12月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

『僕の狂ったフェミ彼女』著者がおくる、前人未踏の“共有”恋愛小説!

30代の女性・ミレは、彼女にとって最善の恋愛をずっと探している。
したいことを望み、嫌なことを拒みたい。
誰のものにもならず、自分のままでいたい。
結婚をゴールとしなくても、対等な関係を築きたい。
ミレのウィッシュリストはずっと満たされなかった。

ある時出会った“完璧な男性”シウォンは
「非独占恋愛(オープンリレーションシップ)」を実行していた。
ミレは戸惑いながら、最善のために一歩を踏み出す。

◆推薦――宇垣美里(フリーアナウンサー/俳優)
最初に共感、次に反感と少しの羨望。
垣間見た新しい世界を受け入れられるのか、 受け入れられないならその理由は何か。
こびりついていた固定概念の奥にあるはずの 本当に自分の求めている恋愛の形について、
誰かと夜通し語り合いたくなった。

◆推薦――アルテイシア(作家)
私自身はオープン・リレーションシップをするのは無理だと思うけど、主人公ミレの気持ちはよくわかる。
「君は俺のものだよ」と言われて喜べない。
誰の所有物にもなりたくない。誰にも支配されたくない。
パートナーと対等に尊重し合う関係を築きたい。
それだけのことが、なぜこんなに難しいのか?

目次

プロローグ 0.ロマンスこそ必要
1. いろいろな幻想、の中の君
2.なぜ私はあなたを共有するのか
3.大丈夫? 愛か??
4.私が恋愛をやめられない(約)十の理由
5.優雅で計画的な共有恋愛
6.食べて、期待して、恋をして
7. あなたがデートしている間に
8.愛してるの言葉でも理解はできない
9. 君たちは感動だった
10.それは絶対私たちのせいじゃない
11. 最も普通の記念日
12. 嘘、みたいな時間
13. 一人で一緒にいる人たち
著者あとがき

著者プロフィール

ミン・ジヒョン  (ミンジヒョン)  (著/文

(著)ミン・ジヒョン
小説家、ドラマ脚本家。西江大学校で国語国文学を、韓国芸術総合学校大学院で劇映画シ
ナリオを学び、2015年「大韓民国ストーリー公募展」で優秀賞を受賞した。
2019年テレビドラマ『レバレッジ 最高の詐欺師たち』の脚本を執筆。
同年に発表したフェミニズム恋愛小説『僕の狂ったフェミ彼女』は2022年に邦訳され、
多くの読者の共感を得た。
その後、2022年にアンソロジー『모던 테일 (モダン・テール)』に参加し、2023年4月に
は初のSF長編小説『망각하는 자에게 축복을 (忘却する者へ祝福を)』を発表。
十代の頃、ハリウッドのロマンティック・コメディ映画の大ファンだった。今は、当時憧
れを抱いていていた世界が何を意味するかを知っている。まさにそれが理由で、21世紀
の韓国を舞台にした恋愛に、依然として強い関心を持っている。

加藤慧  (カトウケイ)  (翻訳

(訳)加藤 慧
韓国語講師・韓日翻訳者。東北大学工学部卒、同大学院博士課程科目修了退学。大学院在学中に漢陽大学大学院に交換留学し、韓国建築史を学ぶ。
現在はオンラインで韓国語レッスンを行うほか、二つの大学で韓国・朝鮮語の授業を担当中。
訳書にミン・ジヒョン『僕の狂ったフェミ彼女』(イースト・プレス)、共訳書にアントイ『なかなかな今日 ほどほどに生きても、それなりに素敵な毎日だから。』(朝日新聞出版)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。