版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
初風 吉田悦子(著/文) - ふらんす堂
.

初風

発行:ふらんす堂
四六判
並製
価格 2,500円+税
ISBN
978-4-7814-1308-2
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2020年9月8日
最終更新日
2020年9月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

◆第一句集

声高に自己主張する人では無い。
独り善がりの表現に自己陶酔する人でも無い。
背筋をすっと伸ばし、静かに、
語り掛けるように自分の世界を詠う人。
それが吉田悦子さん。
ここに慥かに一人の俳人がいる。
(帯・加藤静夫)

◆自選十句
さえざえとマイクが拾ふ風の音
花の下紺に緊まりて登校す
アトリエの裸婦の休憩毛皮着て
耳に来てかぜ音となる蛍かな
草餅やネタを拾ひに地元記者
身の丈のことば即ちあたたかし
リヤカーに掛け干す蒲団青梅縞
一セント拾ふ空港夏の果
納豆の攪拌競ふ帰省かな
秋の初風すずかけの木が二本

上記内容は本書刊行時のものです。