版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
さよならさんかく 秦夕美(著/文) - ふらんす堂
.

さよならさんかく

発行:ふらんす堂
B6変型判
並製
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-7814-1297-9
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2020年8月11日
最終更新日
2020年9月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

◆第十七句集

ふと、ブリタニカで面白い言葉に出会った。「他界観」「離人症」人との違和感に悩みつつ、自らの感覚に拘り続けてきたが、これだ! と答えが分かったようで、すこし安心した。宿題を抱えたままあの世に行かずにすむ。
(あとがき)

◆収録作品より
雪崩つゝ朝は来るなり海馬にも
梅三分三途の川の風の音
ひとごとの柩がとほる著莪の花
青あらし荷札に黄泉平坂と
天涯や八月の雲あそばせて
みのむしの目線の先の戦かな
雪ふるや未生以前の声いかに
ころあひといふふたしかさ月の鶴

著者プロフィール

秦夕美  (著/文

昭和13年3月25日生まれ
日本女子大学国文科卒
著書 句集『仮面』『恋獄の木』『夢としりせば』
『孤舟』等14冊
句歌集『万媚』
句文集『妖虚句集』『十二花句』等
エッセイ集『火棘─兜子憶へば』『夢の柩
─わたしの鷹女』『赤黄男幻想』等
現代俳句協会会員
第13回福岡市文学賞受賞
福岡工業大学エクステンションセンター講師
同人誌「豈」所属 個人誌「GA」発行

上記内容は本書刊行時のものです。