版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
1/fゆらぎ 國清辰也(著/文) - ふらんす堂
.

1/fゆらぎ

発行:ふらんす堂
四六判
上製
価格 2,800円+税
ISBN
978-4-7814-1287-0
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2020年8月11日
最終更新日
2020年9月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

◆第一句集

万物に1/fゆらぎ秋

「秋のいろぬかみそつぼもなかりけり」という句が芭蕉にある。元禄四年晩年の作とされる句である。糠味噌壺もない晩年の暮らしに配された「秋のいろ」。「物事の表面に現れて人に何かを感じさせるもの」という意味として、けはい・兆しの意味としてよいだろう。この秋のけはいを現代物理学を学んだ國清辰也は周波数の揺らぎとしてと表現した、果敢な試みと言って良いい。
(跋より・矢島渚男)

◆自選十句
ゆるぎなく宇宙膨らむ初明り
白鳥に帰心促す白鳥来
鶯や空気ますます新しく
深爪へ血潮ののぼる花の冷え
ゴム手袋棒に挿しあり春の暮
耳たぶの和毛剃られる雲の峰
すんなりと話の進む涼しさよ
行く秋や涙は生血より分かれ
寒雀啄ばみしもの奪ひ合ひ
骨折の馬へ銃声冬の草

著者プロフィール

國清辰也  (著/文

一九六四年、佐賀県生まれ。東京大学工学部卒。米スタンフォード大学にて修士号、大阪大学にて半導体の研究論文により工学博士号を取得。一九九四年、俳句結社「梟」入会。矢島渚男に師事。現在、「梟」同人。

上記内容は本書刊行時のものです。