版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
とびうを 安藤恭子(著/文) - ふらんす堂
.

とびうを

発行:ふらんす堂
四六判
フランス装カバー掛
価格 2,660円+税
ISBN
978-4-7814-1175-0
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年6月20日
最終更新日
2019年7月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

◆第二句集

明易の島に着きまた島に着く

これからも、さまざまな場所に出かけていくことになるでしょう。しかし、訪れる場所それぞれに風が吹き、時がめぐるように、私も変わるはず。それを「希望」として、俳句と向き合っていきたいと思います。(あとがき)

◆自選十五句より
こんなにも鳥を見てゐて寒に入る
白紙にくるまれてゆく冬薔薇
梨棚の剪定に火のしづかなる
暗がりに薬箱ある雪解かな
ほほづきの鳴るごとく鳴き春の鹿
夜に穴のあくほうたるの消えるたび
登山靴ここに置けよと薪くべて
カウベルは草噛むリズム雲の峰
海の色すつと変はりしとびをかな
フーコーの振り子ゆつくり秋めきぬ

著者プロフィール

安藤恭子  (著/文

1959年 東京生まれ
1990年 作句をはじめる 石田勝彦に師事
1993年 「泉」入会 綾部仁喜に選・指導を受ける
    (-1997年)
1996年 『宮沢賢治 〈力〉の構造』(朝文社)により、日本児童文学学会奨励賞受賞
2004年 「椋」入会 石田郷子に師事 
2008年 句集『朝餐』(ふらんす堂)刊
著書 上記の他、『日本文学研究論文集成 宮沢賢治』(編著 若草書房)、『霊を読む―近代日本心霊文学セレクション』(共編著 蒼丘書林)など

現職 大妻女子大学比較文化学部教授 俳人協会会員

上記内容は本書刊行時のものです。