版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
自由切符 西村和子 - ふらんす堂
.
俳句日記シリーズ

自由切符

発行:ふらんす堂
四六変型判
上製
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-7814-1049-4
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2018年5月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

◆シリーズ最新作

日々異なる季語を詠むことで、これほど日常を襞深く過したこともなかった。

3月8日(火)
光増しつつ白木蓮の花仕度

このあいだまで地味で瘦せた裸木だったのに、蕾がひとつ残らず膨らんで、一気にひらく日を今か今かと待っている。駅までの道がこの頃ほど楽しみなことはない。ある日いっせいに灯ともるごとく咲くのだ。

◆あとがきより
この一年ほど季節の移りゆきをこまやかに感じたことはなかった。日々異なる季語を詠むことで、これほど日常を襞深く過したこともなかった。六十代最後の年の何よりの記念になった。

著者プロフィール

西村和子

昭和23年 横浜生まれ。
昭和41年 「慶大俳句」に入会、清崎敏郎に師事。
昭和45年 慶應義塾大学文学部国文科卒業。
昭和56年 「若葉」同人。
平成8年 行方克巳と「知音」創刊、代表。

句集『夏帽子』(俳人協会新人賞)『窓』『かりそめならず』『心音』(俳人協会賞)『鎮魂』『椅子ひとつ』(小野市詩歌文学賞・俳句四季大賞)。

著作『虚子の京都』(俳人協会評論賞)『添削で俳句入門』『季語で読む源氏物語』『季語で読む枕草子』『季語で読む徒然草』『俳句のすすめ─若き母たちへ─』『気がつけば俳句』『NHK俳句・子どもを詠う』『シリーズ自句自解Ⅰベスト100西村和子』『清崎敏郎の百句』『愉しきかな、俳句』ほか。

毎日俳壇選者。俳人協会理事。国際俳句交流協会理事。

上記内容は本書刊行時のものです。