版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
税理士試験 教科書 財務諸表論 理論編【2021年度版】 ネットスクール株式会社(著/文 | 編集) - ネットスクール出版
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3

税理士試験 教科書 財務諸表論 理論編【2021年度版】

B5判
縦257mm 横182mm 厚さ19mm
464ページ
価格 3,000円+税
ISBN
978-4-7810-3689-2
Cコード
C1034
教養 単行本 経営
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年12月15日
書店発売日
登録日
2020年10月7日
最終更新日
2020年12月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

●キャッチコピー
 講師による執筆・監修/税理士試験対策の
学習教材シリーズ

●学習書としてのメリット
 本書は、独学者でもしっかり学べて確実に
合格できる教材づくりをコンセプトに、長年
受験講座で指導をしてきた講師が自ら執筆・
監修した学習教材です。
 税理士試験の幅広い出題範囲を網羅し、
最新の出題傾向や最新の法令等に基づいて
作成しているため、税理士試験対策として
最適な学習教材となっています。

●本書の学習内容
1)本書は税理士試験・財務諸表論で出題される
理論対策用の教科書です。
2)「基礎編」では主に財務諸表論の基礎知識、
貸借対照表論、損益計算書論といった総論的な
内容を載せています。理論対策上、基本的で
重要な内容を丁寧にわかりやすく解説して
いますが、これらの内容を体系的に理解する
ように努めましょう。
3)「応用編」では主に計算問題でも取り上げ
られる各論の内容を載せています。別巻の簿財
教科書(基礎導入編、基礎完成編、応用編)とも
対応した内容となっていますので、計算対策と
合わせて確認していくようにすると効果的です。

目次

簿財一体型の学習法
本書の構成・特長
著者からのメッセージ
ネットスクールの税理士WEB講座
ネットスクールWEB講座 合格者の声
税理士資格を目指す魅力
税理士試験の2大特徴
本書で使用する略語や記号について

基礎編
Chapter1 財務諸表論の基礎知識
Section1 企業会計の目的
Section2 静態論と動態論
Section3 収益費用アプローチと資産負債アプローチ
Section4 制度会計
Section5 会計公準
Section6 会計基準
Section7 真実性の原則
Section8 正規の簿記の原則
Section9 資本取引・損益取引区分の原則
Section10 明瞭性の原則
Section11 継続性の原則
Section12 保守主義の原則・単一性の原則
Section13 重要性の原則

Chapter2 財務諸表の全体構造
Section1 損益計算書
Section2 損益計算書の表示原則
Section3 貸借対照表
Section4 貸借対照表の表示原則
Section5 株主資本等変動計算書
Section6 損益計算書と貸借対照表および株主資本等変動計算書の関係
Section7 キャッシュ・フロー計算書

Chapter3 貸借対照表論
Section1 資産会計総論
Section2 資産の評価(1)取得原価主義
Section3 資産の評価(2)時価主義・割引現価主義
Section4 負債会計総論
Section5 純資産会計総論

Chapter4 損益計算書論
Section1 現金主義会計と発生主義会計
Section2 費用・収益の認識・測定基準

Chapter5 会社法開示制度
Section1 会社法の開示制度
Section2 計算書類の要旨の公告
Section3 附属明細書

Chapter6 注記事項等
Section1 会計方針の注記
Section2 会計上の変更・誤謬の訂正
Section3 貸借対照表等・損益計算書に関する注記
Section4 その他の注記
Section5 重要な後発事象に関する注記
Section6 財務諸表等規則にもとづく開示

Chapter7 四半期財務諸表
Section1 四半期財務諸表の作成
Section2 四半期財務諸表の会計処理

応用編
Chapter1 貸借対照表の概要
Section1 貸借対照表の作成

Chapter2 金銭債権の評価
Section1 金銭債権の評価(貸倒引当金)

Chapter3 棚卸資産
Section1 棚卸資産の範囲と取得原価の決定
Section2 棚卸資産の評価方法
Section3 棚卸資産の貸借対照表価額の決定

Chapter4 金融商品
Section1 金融商品に関する会計基準の概要
Section2 金融資産・金融負債の評価の概要
Section3 有価証券の基礎知識
Section4 有価証券の期末評価
Section5 有価証券の減損処理
Section6 保有目的区分の変更

Chapter5 デリバティブ
Section1 デリバティブ
Section2 ヘッジ会計

Chapter6 有形固定資産
Section1 取得原価の決定
Section2 減価償却の手続き
Section3 会計上の見積りの変更、会計方針の変更
Section4 資本的支出と収益的支出、修繕引当金
Section5 賃貸等不動産

Chapter7 リース会計
Section1 リース取引の概要

Chapter8 無形固定資産
Section1 のれん
Section2 研究開発費の会計処理
Section3 ソフトウェアの会計処理

Chapter9 減損会計
Section1 減損会計の必要性と基本的考え方
Section2 減損会計の流れと会計処理方法
Section3 資産のグルーピング

Chapter10 繰延資産
Section1 繰延資産の概要
Section2 繰延資産各論

Chapter11 負債会計
Section1 負債概説
Section2 引当金
Section3 資産除去債務

Chapter12 退職給付会計
Section1 退職給付会計の概要と基礎知識
Section2 差異の会計処理

Chapter13 純資産会計
Section1 純資産会計の基礎知識
Section2 株主資本項目の変動
Section3 自己株式
Section4 ストック・オプション

Chapter14 税効果会計
Section1 税効果会計の概要
Section2 会計上と税務上の差異

Chapter15 損益計算書の概要
Section1 損益計算書の表示区分

Chapter16 商品売買と収益の認識基準
Section1 仕入・売上の計上基準
Section2 収益の認識基準
Section3 収益認識に関する会計基準

Chapter17 外貨換算会計
Section1 外貨建取引の概要
Section2 外貨建有価証券の評価
Section3 為替予約

Chapter18 建設業会計
Section1 建設業会計における認識基準
Section2 建設業会計の処理
Section3 収益認識に関する会計基準の適用

Chapter19 連結財務諸表
Section1 連結会計の基礎知識
Section2 連結一般原則と連結子会社の範囲
Section3 連結基礎概念
Section4 持分法の基礎知識
Section5 包括利益と包括利益計算書
Section6 連結財務諸表における退職給付会計

Chapter20 組織再編
Section1 企業結合に関する会計基準の背景
Section2 企業結合の基本的な処理
Section3 合併
Section4 株式交換・株式移転
Section5 事業分離

Chapter21 キャッシュ・フロー計算書
Section1 キャッシュ・フロー計算書の概要
Section2 営業活動によるキャッシュ・フロー
Section3 投資活動・財務活動によるキャッシュ・フロー

索引

前書きなど

まえがき
簿記論と財務諸表論は同時に学ぼう!

 本書を手にしたみなさんにとって大切なことは
「まずは、いかにして税理士試験の会計科目(簿記論、
財務諸表論)に合格していくか」ということではない
でしょうか。

 そこで、認識しておきたいのが、次の状況です。
・簿記論はほぼ100%計算問題であり、財務諸表論では
50%が計算問題、残りの50%が理論問題で出題され、
計算問題の内容は簿記論と財務諸表論で差がないこと
・計算問題を解くにも、理論的な背景(財務諸表論の
理論部分)がわかっている方が有利なこと
・学習する際にも理論と計算を平行した方が頭には
入りやすいこと
・近年の簿記論の問題が難化していること(合格率は
毎回、10数%で安定)
・財務諸表論の合格率は、平均すると20%程度と高い
こと
・仮に簿記論を落としても、財務諸表論さえ合格して
いれば、学習量的にみて税法に進めること

 これらの状況を勘案すると、簿記論と財務諸表論は
絶対に同時に学習した方がいい。1つのミスをしたか
どうかで合否が入れ替わってしまう(ほど合格ラインが
低い)簿記論の試験だけのために、1年かけて学習する
のはリスクが大きすぎる。

 このような判断から、簿記論・財務諸表論一体型の
教科書及び問題集になっています。
 さらに、本書はネットスクールが提供するWeb講座の
採用教材にもなっていますので、独学で学習する方が
授業を聴きたいと思ったときにも無駄なく活用いただけます。

 また本書は、日商簿記2級の学習経験者がスムーズに
学習し、合格してもらうために作られた本ですので、
日商簿記2級の復習からはじまり、本試験のレベルまでを
収載しています。

 状況は我々が整えます。
 みなさんは、この本で勇気を持って始め、本気で学んで
ください。
 そうすれば、みなさん自身ばかりではなく、みなさんの
周りの人たちをも幸せにできる、そんな人生が開けてきます。
 さあ、この一歩、いま踏み出しましょう!

ネットスクール株式会社
代表  桑原 知之

旧版ISBN
9784781036755
上記内容は本書刊行時のものです。