版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
合格するにはワケがある脳科学×仕訳集日商簿記1級【第2版】 桑原 知之(編集) - ネットスクール出版
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3

合格するにはワケがある脳科学×仕訳集日商簿記1級【第2版】

資格・試験
このエントリーをはてなブックマークに追加
B6判
縦182mm 横128mm 厚さ16mm
312ページ
価格 1,700円+税
ISBN
978-4-7810-1538-5   COPY
ISBN 13
9784781015385   COPY
ISBN 10h
4-7810-1538-7   COPY
ISBN 10
4781015387   COPY
出版者記号
7810   COPY
 
Cコード
C1034
教養 単行本 経営
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年3月22日
書店発売日
登録日
2021年1月19日
最終更新日
2021年4月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

★第2版改訂にあたり、「収益認識に関する会計基準」の内容を反映!
★仕訳の基本から本試験対策までを網羅した1冊!
★問題は数値を単純化かつ解きやすい内容とし、短時間で幅広い論点を学習できる!
★仕訳問題を解いた1日の学習の終わりには、同じ論点の空欄補充問題(『夜寝る前に』掲載)を解くことで、日商簿記1級会計学の空欄補充問題対策にもご利用できる!

1.「収益認識に関する会計基準」の内容を反映!
 実務では2021年4月から適用される「収益認識に関する会計基準」ですが、日商簿記検定試験では2022年4月から出題範囲に入ります。本書ではいち早く、その内容を反映させました。

2.仕訳の基本から本試験対策までを網羅した1冊!
 本試験で出題された論点を重要度別に3つのランク(A・B・C)に分けることにより、合格に最低限必要なもの(基礎)から余裕があればおさえてほしいもの(発展)まで、メリハリをつけた学習ができるように構成しております。
 本書は商業簿記・会計学対策として、近年発展がめざましい“脳科学”を駆使した学習法で、1級の内容を確実に理解できる1冊となっております。
 人間は脳で記憶し、脳で考えることによって、物事をしっかりと理解し脳に定着させることができます。
 そこで、本書では簿記の学習には欠かせない“仕訳”に焦点をあて、今までの仕訳集には無い工夫を凝らしております。

3.短時間で幅広い論点を学習できる!
 範囲が広い日商簿記1級の学習を効率的なものとするため、本書で掲載している問題は数値を単純化かつ解きやすい内容とし、短時間で幅広い論点を学習できるようになっています。

4.会計学の空欄補充問題対策にも利用できる!
 1つの論点について仕訳問題を解いた1日の学習の終わりには、同じ論点の空欄補充問題(『夜寝る前に』掲載)を解くことで、会計学の空欄補充問題対策にもご利用いただけます。

本書にある脳科学的に合理的な方法で簿記を理解し、基本となる仕訳からマスターして、日商簿記1級合格の栄冠を勝ち取りましょう!!

目次

基礎問題 重要度A
1章 有価証券
1 売買目的有価証券(切放法) 
2 売買目的有価証券(洗替法) 
3 満期保有目的債券(定額法) 
4 満期保有目的債券(利息法) 
5 有価証券の減損処理 
6 その他有価証券 
7 その他有価証券(債券) 
8 その他有価証券(税効果会計1) 
9 その他有価証券(税効果会計2)
 
2章 貸倒引当金
1 貸倒実績率法 
2 財務内容評価法
3 割引現在価値 
4 キャッシュ・フロー見積法(当期設定) 
5 キャッシュ・フロー見積法(前期設定)
 
3章 有形固定資産
1 200%定率法 
2 生産高比例法 
3 級数法
 
4章 リース会計
1 ファイナンス・リース取引 

5章 減損会計
1 減損会計
2 資産のグルーピング 

6章 資産除去債務
1 資産除去債務

7章 退職給付会計
1 退職給付費用の計算

8章 社債
1 社債(定額法)
2 社債(利息法)
3 買入償還(定額法) 
4 買入償還(利息法)

9章 純資産会計
1 剰余金の配当1 
2 剰余金の配当2
3 自己株式の取得・処分
4 自己株式の消却・その他資本剰余金のてん補 
5 新株予約権
6 新株予約権付社債 
7 転換社債型新株予約権付社債 
8 ストック・オプション
 
10章 ソフトウェア・繰延資産
1 ソフトウェア 
2 自社利用のソフトウェア
3 繰延資産の償却 

11章 建設業会計
1 工事収益の計算
 
12章 外貨換算会計
1 外貨建取引の換算
2 外貨建売買目的有価証券 
3 外貨建満期保有目的債券(定額法) 
4 外貨建有価証券の減損処理 
5 外貨建その他有価証券 
6 為替予約(振当処理) 

13章 税効果会計
1 税効果会計(貸倒引当金) 
2 税効果会計(減価償却) 

14章 現金預金
1 現金預金

15章 債権
1 保証債務 
2 電子記録債権・電子記録債務 

16章 商品
1 商品の評価 
2 売価還元原価法 
3 売価還元低価法
 
17章 連結会計
1 資本連結
2 連結修正仕訳 一連の流れ 
3 貸付金・借入金の相殺 
4 売掛金・買掛金の相殺 
5 手形取引 
6 土地の売買 
7 備品の売買
8 商品の売買(ダウン・ストリーム) 
9 商品の売買(アップ・ストリーム)

18章 持分法
1 持分法
2 持分法 未実現利益の消去(土地)
3 持分法 未実現利益の消去(商品)

応用問題 重要度B
19章 有価証券
1 約定日基準と修正受渡日基準
2 その他資本剰余金による配当

20章 減損会計
1 20年を超える見積り
2 共用資産の減損(原則)
3 共用資産の減損(容認)
4 のれんの減損(原則)

21章 資産除去債務
1 資産除去債務(見積りの減少)
2 資産除去債務(見積りの増加)

22章 リース会計
1 リース資産の期中取得
2 リース料の前払い
3 セール・アンド・リースバック
4 リース 中途解約

23章 退職給付会計
1 過去勤務費用
2 数理計算上の差異1
3 数理計算上の差異2

24章 社債
1 抽選償還(定額法) 
2 抽選償還(利息法)

25章 純資産会計
1 新株発行と自己株式の処分 
2 新株予約権付社債と自己株式の処分
3 合併と自己株式の処分

26章 デリバティブ
1 先物取引
2 先物取引(ヘッジ会計)
3 金利スワップ(ヘッジ会計)
4 オプション取引

27章 外貨換算会計
1 外貨建その他有価証券(債券)
2 外貨建満期保有目的債券(利息法)
3 為替予約(独立処理)
4 予定取引

28章 有形固定資産
1 圧縮記帳(直接減額方式)
2 圧縮記帳(積立金方式)

29章 会計上の変更及び誤謬の訂正
1 会計方針の変更
2 誤謬の訂正
3 会計上の見積りの変更

30章 企業結合・事業分離
1 合併
2 株式交換
3 株式移転
4 事業分離1
5 事業分離2
6 企業結合(逆取得)

31章 連結会計
1 子会社株式の追加取得
2 子会社株式の一部売却
3 段階取得
4 持分法から連結への移行
5 評価差額の実現
6 連結 税効果(土地の売買1)
7 連結 税効果(土地の売買2)
8 連結 税効果(備品の売買1)
9 連結 税効果(備品の売買2)
10 連結 税効果(商品の売買1)
11 連結 税効果(商品の売買2)
12 連結 税効果(商品の売買3)
13 連結 税効果(期末貸倒引当金)
14 連結 税効果(期首貸倒引当金)

32章 持分法
1 持分法 税効果(土地)
2 持分法 税効果(商品)

33章 収益認識
1 収益認識の基本問題
2 リベート(売上割戻)
3 返品権付き販売
4 重要な金融要素
5 代理人取引
6 商品券
7 非行使部分がある場合の商品券の処理
8 ポイント制度(カスタマー・ロイヤルティ・プログラム) 
9 契約資産が計上される場合

発展問題 重要度C
34章 債権
1 債権(金利区分法)
2 債権(償却原価法)

35章 固定資産
1 資本的支出と収益的支出
2 投資不動産

36章 社債
1 繰上償還
2 外貨建転換社債型新株予約権付社債

37章 ソフトウェア・工事契約
1 ソフトウェアの減損処理
2 受注制作のソフトウェア
3 工事損失引当金

38章 商品売買
1 総記法
2 売上原価対立法

39章 特殊商品売買
1 委託販売(その都度法)
2 委託販売(期末一括法)
3 委託販売(販売諸掛)
4 未着品売買(その都度法)
5 試用販売(その都度法)
6 割賦販売
7 割賦販売(戻り商品・前期分)
8 割賦販売(戻り商品・当期分)

40章 リース会計・本支店会計
1 本支店会計(内部利益)
2 リース取引(貸手の処理)

41章 税効果会計
1 税効果会計(税率の変更)
2 税効果会計(評価性引当額)

42章 連結会計・在外支店
1 包括利益1
2 包括利益2
3 連結上の退職給付1
4 連結上の退職給付2
5 在外子会社の換算と連結
6 在外支店の換算

43章 キャッシュ・フロー計算書
1 営業活動によるキャッシュ・フロー(直接法)
2 営業活動によるキャッシュ・フロー(間接法)
3 投資活動・財務活動によるキャッシュ・フロー
4 連結キャッシュ・フロー計算書(原則法・直接法)

44章 特殊論点
1 有価証券の保有目的の変更1 
2 有価証券の保有目的の変更2 
3 債権譲渡
4 不動産の流動化1
5 不動産の流動化2
6 固定資産の割賦購入
7 外貨建荷為替手形の取組み
8 外貨建荷為替手形の引受け
9 クレジット売掛金
10 分配可能額

夜寝る前に
科目の表示区分一覧表
索引

前書きなど

はじめに

 近年の脳科学の発展には目覚ましいものがあります。

ドイツの心理学者・エビングハウスが行った実験によると、人が覚えたことを忘れる速度を表にまとめると(忘却曲線)人によってほとんど違いがないそうです。
 
 忘れてしまった事柄は、脳からなくなってしまったわけではないので、2度、3度と同じことを行うと、着実に脳に定着していきます。
 しかし、同じことを闇雲に行えばいいというわけではありません。
 では、どのようにして記憶を定着させていくことが、脳科学的に合理的な方法なのでしょうか。

1.アウトプットをすることで、脳は重要なことだと認識し、記憶する
2.寝る前に学んだことは、寝ている間に頭の中で整理され、記憶に残せる
3 .復習のタイミングは、忘却曲線を考慮し、2回転目を翌日に、3回転目を1週間後などしばらく経ってからまとめて行う方が合理的

 人間は、脳で記憶し、脳で考えるのですから、脳科学的に合理的な方法が良いに決まっています。

第2版改訂にあたり
 初版から第2版へ改訂するにあたり、主に以下の点を加筆・修正しました。
 (1)「収益認識に関する会計基準」※の新設による収益認識の章(33章)を追加
 (2) 上記収益認識基準に伴う工事完成基準の削除および原価回収基準の追加
 (3) 割賦販売における回収基準、回収期限到来基準の削除
 ※「収益認識に関する会計基準」にもとづく出題は2022年6月からとなります。

 そこで、本書は次の3つの特長があります。

1 .アウトプットしやすいように、数値を単純化し解きやすい問題にすることで、短い時間で幅広く復習できるようにしました。
2 .1日の終わりには、『夜寝る前に』でその日に勉強した仕訳に関連する理論問題を解くことで頭の中を整理できるようにしました。
3 .1つの論点を一気に深く学習するのではなく、各論点を基礎・応用・発展と分けて、重要度が高い基礎の各論点を一通り終えてから、応用、発展へ進むことにより、メリハリを付けた復習ができるようにしました。

 これなら「仕訳を覚えなきゃ」と苦労していたあなたの脳に、確実に浸み込んでいくはずです。

 さあ、もう苦労して仕訳を覚える時代は終わりです。
 本書で、脳科学的に合理的な方法で簿記を理解し、仕訳をマスターして、合格の栄冠を勝ち取りましょう!

旧版ISBN
9784781015293
上記内容は本書刊行時のものです。