版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
サクッとうかる日商1級 商業簿記・会計学 基礎編2 トレーニング ネットスクール株式会社(著) - ネットスクール出版
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3

サクッとうかる日商1級 商業簿記・会計学 基礎編2 トレーニング

A5判
縦210mm 横148mm 厚さ10mm
248ページ
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-7810-1168-4
Cコード
C1034
教養 単行本 経営
出版社在庫情報
在庫僅少
初版年月日
2018年9月25日
書店発売日
登録日
2019年5月15日
最終更新日
2020年6月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

2刷 出来予定日: 2021-01-18

目次

はじめに
本書の使い方

問題編 解答解説編
  Chapter1 現金・預金と保証債務
    問題1 問題2 現金・預金 復習のポイント
    問題3 保証債務
  Chapter2 貸倒引当金
    問題1~問題4 貸倒引当金の設定
  Chapter3 有価証券1
    問題1 有価証券の分類
    問題2 有価証券の取得と売却
    問題3~問題9 有価証券の期末評価
  Chapter4 有形固定資産1
    問題1 問題2 有形固定資産 復習のポイント
    問題3 固定資産の買換え
    問題4~問題6 減価償却
  Chapter5 減損会計1
    問題1~問題4 減損会計
  Chapter6 資産除去債務1
    問題1~問題3 資産除去債務
  Chapter7 リース会計1
    問題1~問題4 リース取引の処理
  Chapter8 負債、退職給付会計1
    問題1 負債会計の基礎知識
    問題2 引当金
    問題3~問題6 退職給付会計
  Chapter9 社債1
    問題1 問題2 社債の発行時、決算時の処理
    問題3 社債の償還時の処理
  Chapter10 純資産1
    問題1 問題2 純資産の基礎
    問題3~問題5 株主資本の変動
    問題6~問題9 自己株式
    問題10~問題11 新株予約権
  Chapter11 商品
    問題1 一般商品売買
    問題2 売上原価対立法
    問題3 問題4 期末商品の評価
    問題5 問題6 売価還元法
    問題7 売価還元低価法
  Chapter12 外貨換算会計1
    問題1 問題2 外貨建取引
    問題3 問題4 外貨建有価証券の評価
    問題5~問題7 為替予約 
  Chapter13 デリバティブ
    問題1~問題4 デリバティブ取引
  Chapter14 研究開発費とソフトウェア
    問題1~問題3 研究開発費とソフトウェア
  Chapter15 会計上の変更と誤謬の訂正
    問題1 会計方針の変更及び誤謬の訂正
    問題2 会計方針の変更
    問題3 会計上の見積りの変更と誤謬の訂正

付録1 問題の解き方 大公開!
付録2 科目の表示区分一覧表

前書きなど

はじめに


 本書『サクッとうかる日商1 級 商業簿記・会計学 トレーニング』は、
独学が困難といわれている日商簿記検定1級の内容を
「サクッ」とマスターしてしまうことを目的としています。

 日商簿記検定1 級の平均合格率は10%程度ですので、
合格が難しい試験ではあります。
しかし、これまでの試験を振り返ってみると、
いつも問題が難しいというものではありません。
基本的な内容の出題も多くあります。
そのため、日商簿記検定1級受験にあたり、
【大切なこと】があります。


【大切なこと】
1.基本を身につける
2.時間配分を意識して確実に得点する
3.焦ってミスをしない


 以上の3点をクリアできれば、
合格点に届きます。基本を身につけるという点は、
テキストにゆだねるものとし、
本書では「難易度を示した良問」と「わかりやすい解説」により、
効果的に問題演習を進めていただけるようにしています。
時間配分を意識するためには、
自分なりの解き方を身につけておくことが必要ですし、
試験で焦らないためには事前の問題演習が効いてきます。

 1級は、試験範囲が広いため、
おのずと問題演習の量もある程度必要になります。
やみくもにたくさんの問題に向かうのではなく、
ポイントをしぼった良問を
確実にマスターしていく方法が効率的です。

 皆さんが本書を活用し、合格されることをお祈りいたします。

ネットスクール サクトレ*プロジェクトチーム

上記内容は本書刊行時のものです。