版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
細部を美しく仕上げる 仏像彫刻 表情・頭部・手・足 関 侊雲(監修) - メイツ出版
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

細部を美しく仕上げる 仏像彫刻 表情・頭部・手・足

発行:メイツ出版
B5判
128ページ
定価 3,000円+税
ISBN
9784780422061
Cコード
C2071
実用 単行本 絵画・彫刻
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年7月12日
最終更新日
2020年5月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

★ さらに美しく造形するために、
各部位の表現力を高めるポイントを抽出。

★ 特徴的な形状や、モチーフの種類による違いなど、
写真と図解でわかりやすく解説します。


◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

日本独自の歴史と文化にはぐくまれた
仏像彫刻に向き合う喜びを体験してください。

木彫りの仏像彫刻というのは、千数百年にわたる
歴史にはぐくまれてきた日本独自の文化であり、
何世紀にもわたって、師から弟子へとその努力や技術が
受け継がれてきたかけがえのない歴史遺産です。

何百年という時間をかけて育ってきた木に向き合い、
仏像を彫っていると豊かな木の香りに包まれ、
触れているだけで優しくあたたかい気持ちに
心が満たされるのを感じます。

仏像制作は、慣れないとたいへんな作業に
思われるかも知れませんが、
実際に作品が完成した時の喜びはとても大きく、
何物にも代えがたいものです。
ひたむきに作品に向き合い、心を込めて彫ることで、
誰でもその人らしい作品を作り出すことができます。

仏像彫刻は男女年代を問わず、
どなたでも始められるすばらしい趣味です。
ぜひ自らの手で、仏像彫刻の
奥深い世界に触れてみてください。

仏師 関 侊雲(侊心会 仏像彫刻・木彫刻教室代表)


◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

☆第1章 [基礎編]制作する前に押さえておくこと
~道具と材料の選び方と使い方の基本、仏像各部の寸法比率~
良い仏像を彫るためには、
1使いやすい彫刻刀と良い材料を選ぶこと、2正しい彫刻刀の持ち方と使い方を覚えること、
さらに、3彫刻刀の切れ味をいつも良好に保つための
砥石の使い方や、刃の研ぎ方も知っておくこと、そして、
実際に制作する際の仏像各部の寸法や比率を
押さえておくことなどが大切です。
◎1 必要な彫刻刀を揃える
*コツ1 これだけは揃えたい基本の彫刻刀
・・・など全6項目9コツ

☆第2章 仏像の表情を形づくる
仏像にとって表情は特に重要です。
ここでは、顔の彫り方の基本から各部位(パーツ)の
彫り方のコツまでを紹介いたします。
◎1 基本の顔の彫り方
*コツ10 基本の顔の彫り方を知ろう
・・・など全2項目10コツ

☆第3 章 頭部を彫る
仏像の頭部をどのように彫るか、
その仏像の印象を決める大切な部分です。
ここでは、代表的な2つの形(宝髻、螺髪)の
彫り方のコツを紹介いたします。
◎1 宝髻
*コツ20 宝髻の彫り方の基本を知ろう
・・・など全2項目3コツ

☆第4 章 手を彫る
仏像の手はさまざまな形があります。
ここでは、代表的な8つの手の形(施無畏印、
来迎印、禅定印、阿弥陀定印、智拳印、持物を
持つ手3種)の彫り方のコツを紹介いたします。
全8項目9コツ

☆第5 章 足を彫る
ここでは、立像の代表的な足の形、
基本の彫り方のコツを紹介いたします。
全2項目4コツ

著者プロフィール

関 侊雲  (セキコウウン)  (監修

1994年、仏師で日展作家の斎藤侊琳氏に弟子入りする。
2000年、年季を明け、師より「侊雲」の仏師号を賜り独立。
2007年、紺野侊慶と侊心会 仏像彫刻・木彫刻教室を開設し代表に就任。
2010年、関侊雲仏像彫刻・木彫刻学院を開校し代表に就任。
2013年、日本木彫刻協会を設立し会長に就任。
都内、富山、群馬など10か所で教室を開催している。

紺野 侊慶  (コンノコウケイ)  (監修

1996年、仏師で日展作家の斎藤侊琳氏に弟子入りする。
2002年、年季を明け、2004年に師より「侊慶」の仏師号を賜り独立する。
2007年、関侊雲と侊心会 仏像彫刻・木彫刻教室を開設し副代表に就任。
2010年、関侊雲 仏像彫刻・木彫刻学院の副代表に就任。
2013年、日本木彫刻協会副会長に就任。

上記内容は本書刊行時のものです。