版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
安倍政権は「倒れた」が「倒した」のではない 松竹 伸幸(著/文) - かもがわ出版
..

安倍政権は「倒れた」が「倒した」のではない 野党共闘の可能性を探る

四六判
縦190mm 横130mm 厚さ11mm
重さ 150g
144ページ
定価 1,200円+税
ISBN
9784780311259
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年10月23日
書店発売日
登録日
2020年9月19日
最終更新日
2020年10月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

保守革新の垣根を超えて安倍政治の抱括的分析を行い、引き継ぐ新政権と日本の向かう道を探る
安倍氏が国政に登場した1933年
冷戦が終了し、資本主義は行き詰まり、自民党一党支配が揺らぎ、戦後民主主義は危機に直面していた。その新しい構造変化に対し、他の保守政治家にはできなかった対応をしたのが安倍氏であった。そこを正確に見抜かなければ、安倍的な政治への対抗軸は見えてこない。

著者プロフィール

松竹 伸幸  (マツタケノブユキ)  (著/文

集者ジャーナリスト、日本平和学会会員(専門は日本外交論・安全保障論)、「自衛隊を活かす会」(代表=柳澤協二)事務局長。
1955年、長崎県生まれ。兵庫県立神戸高校卒、一橋大学社会学部卒。

上記内容は本書刊行時のものです。