版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
次世代創造に挑む宗教青年 川又 俊則(編集) - ナカニシヤ出版
..
【利用不可】

次世代創造に挑む宗教青年 (ジセダイソウゾウニイドムシュウキョウセイネン) 地域振興と信仰継承をめぐって (チイキシンコウトシンコウケイショウヲメグッテ)

哲学・宗教
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
196ページ
定価 2,700円+税
ISBN
978-4-7795-1762-4   COPY
ISBN 13
9784779517624   COPY
ISBN 10h
4-7795-1762-1   COPY
ISBN 10
4779517621   COPY
出版者記号
7795   COPY
Cコード
C3036  
3:専門 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2023年12月28日
書店発売日
登録日
2023年12月4日
最終更新日
2023年12月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

いま宗教集団はいかに地域振興に関わり,
また次世代を育てているのか。
仏教,神道,キリスト教,新宗教など幅広い事例調査から探究し,
これからの地域活性化のキーファクターとして宗教集団を捉え直す。



●編者紹介

川又俊則(かわまた・としのり)
成城大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。社会学専攻。鈴鹿大学学長。『岐路に立つ仏教寺院』〔共編〕(法蔵館,2019年),『健康を科学する実践研究』〔共編〕(大学教育出版,2018年),『近現代日本の宗教変動』(ハーベスト社,2016年),他。
【担当】序章〔共著〕,第1章,あとがき〔共著〕

郭 育仁(かく・いくじん)
同志社大学大学院政策科学研究科博士後期課程修了。文化政策学・観光学専攻。博士(政策科学)。静岡英和学院大学人間社会学部准教授。「観光振興における文化政策の主体性についての史的考察――豊かな日常性の構築から紡ぎ出す観光と文化」(博士学位論文,同志社大学大学院総合政策科学研究科,2015年),「民際的紐帯の形成とその訪日観光振興」(『鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要』6,2023年),「地域観光政策をめぐって,宗教行事と地域振興の狭間に関する一考察――木之本地蔵大縁日を中心に」(『国際文化政策』3,2012年),他。
【担当】序章〔共著〕,第4章,あとがき〔共著〕

目次

序章 人口減少時代における宗教集団と地方創生の可能性(川又俊則・郭育仁)

 1 はじめに

 2 地域社会で宗教集団から見出だせること

 3 地方創生に宗教文化の果たす役割

 4 おわりに


第Ⅰ部 伝統宗教の挑戦

第1章 地域仏教青年会のなかで成長する僧侶たち(川又俊則) 
――次世代教化システムによる信仰継承の意義を考える――

 1 「次世代教化システム」とは何か

 2 歴史に見る仏教青年会

 3 現代の仏教青年会

 4 地域・仏教青年会

 5 知のあり方の激変と仏教青年会の今後

コラム1 おうみ米一升運動(稲岡賢純)

第2章 講を引き継ぐ若手宗教者たち(小林奈央子)

 1 講組織の現況

 2 「横」の関係でつながり合う御嶽講

 3 新しい試みへの挑戦

 4 多方面にわたる「横」のつながりの有用性

 5 おわりに

第3章 次世代への信仰継承を紡ぐ神道青年会の挑戦(冬月律)

 1 はじめに

 2 教化活動とは何か

 3 神社界の教化活動の動向  
――戦後から現在に至るまで――

 4 神道青年会について  
――活動実態調査の結果を中心に――

 5 神道青年会の活動事例紹介

 6 おわりに

コラム2 神社の護持を考える(川村忠伸)

第4章 宗教文化の社会的協育から育む地域と観光(郭育仁) 
――地域社会で生きる宗教者、信者、そして普通の人びとに着目して――

 1 宗教文化創造の視座

 2 まちを結ぶ社・石浦神社

 3 嵯峨嵐山に学ぶ観光の風土

 4 観光と宗教文化の自律的創造

コラム3 ドイツにおける医療と観光を通したキリスト教文化伝承(山川淳生)


第Ⅱ部 移動と越境から宗教文化を見つめ直す

第5章 「場」をめぐる新宗教の模索(隈元正樹) 
――サードプレイスとしての立正佼成会――

 1 宗教における「場」

 2 サードプレイスとしての新宗教・立正佼成会

 3 立正佼成会におけるサードプレイス的活動

 4 宗教・コロナ禍・サードプレイス

第6章 コロナ禍における移動と宗教(李賢京) 
     ―社会的空間の再構成と「動く」信者に注目して――

 1 移動と宗教

 2 コロナ禍における宗教のデジタル転換とハイブリッド教会の創出

 3 ハイブリッド教会の現状と可能性を考える 
――四事例から捉える――

 4 宗教のハイブリッド化と新たに「動く」信者

コラム4 函館ラ・サールミッション部の挑戦(韓徳)

第7章 一つの信仰、三つの言語(藤野陽平) 
――多元社会台湾における世代交代の際の言語、信仰、エスニック・アイデンティ――

 1 はじめに 
――言語とエスニック・アイデンティティ――

 2 重層的な植民経験を有する台湾社会における言語とエスニック・アイデンティティ

 3 台湾で日本語を継承する

 4 台湾アイデンティティの継承と言語の断絶と

 5 民族主義から民主主義という普遍的な価値へ

 6 おわりに

コラム5 宗教的「中間団体」の新しい可能性(アルベルトゥス=トーマス・モリ)


終章 宗教と文化政策の諸相(井口貢)

 1 文化政策への注目

 2 文化の両義性と文化政策の所在

 3 ある寓話から……

 4 信仰の自由と文化政策

 5 小盆地宇宙と宗教

 6 文芸社会学と宗教

あとがき

索引

著者プロフィール

川又 俊則  (カワマタ トシノリ)  (編集

成城大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。社会学専攻。鈴鹿大学学長。『岐路に立つ仏教寺院』〔共編〕(法蔵館,2019年),『健康を科学する実践研究』〔共編〕(大学教育出版,2018年),『近現代日本の宗教変動』(ハーベスト社,2016年)他。

郭 育仁  (カク イクジン)  (編集

同志社大学大学院政策科学研究科博士後期課程修了。文化政策学・観光学専攻。博士(政策科学)。静岡英和学院大学人間社会学部准教授。「観光振興における文化政策の主体性についての史的考察――豊かな日常性の構築から紡ぎ出す観光と文化」(博士学位論文,同志社大学大学院総合政策科学研究科,2015年),「民際的紐帯の形成とその訪日観光振興」(『鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部紀要』6,2023年),「地域観光政策をめぐって,宗教行事と地域振興の狭間に関する一考察――木之本地蔵大縁日を中心に」(『国際文化政策』3,2012年)
他。

上記内容は本書刊行時のものです。