版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
言葉に出会う現在 宮野 真生子(著/文) - ナカニシヤ出版
..

言葉に出会う現在 (コトバニデアウゲンザイ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
320ページ
定価 3,000円+税
ISBN
978-4-7795-1679-5   COPY
ISBN 13
9784779516795   COPY
ISBN 10h
4-7795-1679-X   COPY
ISBN 10
477951679X   COPY
出版者記号
7795   COPY
Cコード
C0010  
0:一般 0:単行本 10:哲学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年7月17日
書店発売日
登録日
2022年6月17日
最終更新日
2022年6月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

九鬼周造を出発点にオリジナルに発展・深化した、恋愛論、押韻論、共食論、母性論等、切れ味鋭い11の論考に加え、書評・エッセイも多数収録。
早逝の惜しまれる著者の珠玉の哲学論考集。


●著者紹介
宮野真生子(みやの・まきこ)
1977年大阪府に生まれ,その後和歌山県で育つ。京都大学大学院文学研究科博士課程(後期)単位取得退学ののち,福岡大学人文学部准教授。2019年,大阪大学より博士(人間科学)。著書に,『なぜ,私たちは恋をして生きるのか――「出会い」と「恋愛」の近代日本精神史』(ナカニシヤ出版,2014 年),『出逢いのあわい――九鬼周造における存在論理学と邂逅の倫理』(堀之内出版,2019年),『急に具合が悪くなる』〔共著〕(晶文社,2019年)など。2019年逝去。

●編者紹介
奥田太郎(おくだ・たろう)
南山大学人文学部教授。南山大学社会倫理研究所所長。著書に,『倫理学という構え――応用倫理学原論』(ナカニシヤ出版,2012年)など。

目次

【エッセイ】恋とはどういうものかしら?


第一章 道具・身体・自然
     ――宗悦と宗理――
 1 近代化と生活する身体
 2 柳宗悦における風土的身体  
   ――フィクションとしての自然――
 3 柳宗理における風土的身体  
   ――別な自然への視線――


【書評】伊藤徹編『作ることの日本近代―一九一〇― 四〇年代の精神史』世界思想社、二〇一〇年


第二章 押韻という夢
     ――ロゴスからメロスへ――
 序
 1 『日本詩の押韻』という試み
 2 呼びかけとしての押韻
 結


【書評】佐藤康邦・清水正之・田中久文編『甦る和辻哲郎――人文科学の再生に向けて』ナカニシヤ出版、一九九九年


第三章 恋愛・いき・ニヒリズム
 序
 1 「いき」をめぐる諸言説
 2 「恋愛」を求めて  
   ――透谷・泡鳴・有島の試行錯誤――
 3 「恋愛」と「他者」をめぐる問題
 結 


【エッセイ】ここにいることの不思議


第四章 死と実存協同
    ―――無常を超えて偶然を生きる――
 はじめに
 1 「無常」を語る危険性
 2 「メメントモリ」
 3 「愛」としての「死者からのはたらきかけ」
 4 偶然性における実存協同
 おわりに


【書評】佐藤啓介『死者と苦しみの宗教哲学――宗教哲学の現代的可能性』晃洋書房、二〇一七年


第五章 恋愛という「宿痾」を生きる
 1 問題の所在
 2 北村透谷の「恋愛」 
 3 「コケットリー」とは何か
 4 「賭け」の先にあるもの
 5 「いき」とは何か
 6 「コケットリー」と「いき」
 7 「いき」の魅力
 8 さいごに


【エッセイ】愛


第六章 近代日本における「愛」の受容
 1 「愛」をめぐる問題状況
 2 「愛」という言葉は何を意味しているのか
 3 「色」から「ラブ」へ
 4 恋愛としての「ラブ」に託されたもの
 5 恋愛としてのラブの危険性
 6 「愛」があれば、どうなるのか
 7 「一つになる」愛の果てに
 8 さいごに


【エッセイ】性


第七章 母性と幸福
     ――自己として、女性として生きる――
 はじめに
 1 母と子の関係をめぐる変化
 2 子どもへの違和感
 3 「自己」として生きること
 4 平塚らいてうの「自己」と「自然」
 5 「母性」への転回
 6 母性という桎梏、その別の可能性
 さいごに


【エッセイ】家族


第八章 「いき」な印象とは何か
     ――「いき」をめぐる知と型の問題――
 はじめに  
 1 印象とは何か  
 2 「いき」という美意識  
 3 「いき」の「意味体験」とは  
 4 印象を成立させる動性  
 5 「二次元動的可能性」としての自己と他者  
 おわりに  


【書評】谷口功一・スナック研究会編『日本の夜の公共圏――スナック研究序説』白水社、二〇一七年


第九章 カウンターというつながり
     ――『深夜食堂』から考える――
 はじめに  
 1 『深夜食堂』以前
 2 『深夜食堂』の紹介
 3 居酒屋とサードプレイス
 4 カウンターという空間
 5 『深夜食堂』における食の機能
 6 「サードプレイス」の「やわらかな公共性」
 さいごに  
  ――ふたたび『深夜食堂』――


【エッセイ】カウンターには何があるのか?


第十章 食の空間とつながりの変容
 はじめに  
 1 どのように共食するか  
 2 共食に何が託されてきたか  
 3 どこで食事をするのか  
 4 「家事」という大問題  
 5 戦後の「共食」のあり方と現代の「食」  


【書評】伊藤邦武『九鬼周造と輪廻のメタフィジックス』ぷねうま舎、二〇一四年


第十一章 言葉に出会う現在
     ――永遠の本質を解放する――
 はじめに  
 1 偶然性における「永遠の現在の鼓動」  
 2 回帰的時間における「永遠の今」  
 3 詩の時間性  
 4 押韻と偶然性  
 おわりに  


編集後記(奥田太郎)
初出一覧  

著者プロフィール

宮野 真生子  (ミヤノ マキコ)  (著/文

1977年大阪府に生まれ,その後和歌山県で育つ。京都大学大学院文学研究科博士課程(後期)単位取得退学ののち,福岡大学人文学部准教授。2019年,大阪大学より博士(人間科学)。著書に,『なぜ,私たちは恋をして生きるのか――「出会い」と「恋愛」の近代日本精神史』(ナカニシヤ出版,2014 年),『出逢いのあわい――九鬼周造における存在論理学と邂逅の倫理』(堀之内出版,2019年),『急に具合が悪くなる』〔共著〕(晶文社,2019年)など。2019年逝去。

上記内容は本書刊行時のものです。