版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
完全な人間を目指さなくてもよい理由 : 遺伝子操作とエンハンスメントの倫理 Sandel, Michael J(著) - ナカニシヤ
...

完全な人間を目指さなくてもよい理由 : 遺伝子操作とエンハンスメントの倫理

発行:ナカニシヤ
縦20mm
194ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-7795-0476-1
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2010年10月
登録日
2015年8月20日
最終更新日
2015年8月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2010-11-28 日本経済新聞
2010-10-17 朝日新聞
評者: 森健(ジャーナリスト)

紹介

サンデル教授の「白熱」生命倫理学教室。遺伝子操作やスマートドラッグやドーピングは悪か?何処までなら許されるのか?人間の身体増強への欲望は「正義」か。

目次

第1章 エンハンスメントの倫理
第2章 サイボーグ選手
第3章 設計される子ども、設計する親
第4章 新旧の優生学
第5章 支配と贈与
エピローグ 胚の倫理-幹細胞論争

上記内容は本書刊行時のものです。