版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
子育て支援 原 信夫(編集) - 北樹出版
..

子育て支援 「子どもが育つ」をともに支える

発行:北樹出版
B5判
縦257mm 横182mm 厚さ11mm
136ページ
定価 2,300円+税
ISBN
9784779306372
Cコード
C3037
専門 単行本 教育
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年4月30日
書店発売日
登録日
2020年3月23日
最終更新日
2020年4月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「子どもが育つ」をともに支える子育て支援を、保育現場の実例に基づく事例やワークから実践的に学ぶ。保育士養成課程新科目「子育て支援」のカリキュラムに対応。具体的な理解が深まる演習となるよう、ワークのポイントや解説を充実させ、キーワード、ブックガイド、用語解説も掲載。
(執筆者:佐藤恵・八田清果・佐藤純子・室井佑美・佐藤ちひろ・松倉佳子・原信夫・守巧・石本真紀・髙橋雅人・丸橋亮子)

目次

  <第1部 保育士の行う子育て支援の特性>

第1章 子どもの保育とともに行う保護者の支援
1 保育と子育て支援
(1)子どもの最善の利益
(2)保育士の専門性
2 保育士が行う子育て支援


第2章 日常的・継続的な関わりを通じた保護者との相互理解と信頼関係の形成
1 日常的・継続的なかかわりを通した保護者への支援
2 保育者と保護者との関係性
(1)保育士と保護者の間における相互理解と信頼関係とは
(2)信頼関係形成のための保育士の基本的態度・姿勢
(3)なぜ信頼関係が必要なのか


第3章 保護者や家庭の抱える支援のニーズへの気づきと多面的な理解
1 家族形態の変容と子育て家庭の状況
(1)少子化社会と子育て家庭の縮小化・孤立化
(2)現代社会と子育てと子育ち
2 多様化する子育て家庭と福祉ニーズ
(1)膨らんでいく支援ニーズ
(2)子育て家庭の力が育まれる支援の必要性
3 子育て家庭の支援ニーズに気づき・理解し・対応する


第4章 子ども・保護者が多様な他者と関わる機会や場の提供
1 子ども・保護者が出会う「多様な他者」とは
(1)多様な他者と関わるうえでの現代社会の特徴
(2)出会う環境の範囲とそこで出会う他者
2 子ども・保護者が多様な他者と関わる「機会」や「場」
(1)多様な他者と関わるさまざまな主催者と機会を設ける目的
(2)さまざまな主催者が設ける機会や場と内容
3 保育士の行う、多様な他者と関わる機会や場の提供
(1)保育士の専門性
(2)保育士の専門性を発揮した機会や場の設定と意識すべき3つの間


第5章 保育士として子育て支援を行うために Part1:自己理解・他者理解
1 自己理解
(1)自分を理解するとは
(2)保育士に求められる自己理解
2 他者理解
(1)他者を理解するとは
(2)保育士に求められる他者理解


第6章 保育士として子育て支援を行うために Part2:価値観の違い、コミュニケーションの技法など
1 価値観の違い
2 自分とは異なる他者を理解するということ
(1)共感とはなにか
(2)基本のコミュニケーション技法

  <第2部 保育士の行う子育て支援の展開>

第7章 子育て支援のプロセス
1 子育て支援のプロセス 
(1) ケースの発見・インテーク
(2) アセスメント(事前評価)
(3) 支援計画(プランニング)   
(4) 介入(インターベンション)
(5) モニタリング
(6) 評価
(7) 終結
2 職員間の連携・協働
3 社会資源の活用と自治体・関係機関や専門職との連携・協働
(1)社会資源の活用
(2)自治体・関係機関や専門職との連携・協働


第8章 事例で考える子育て支援のプロセス
1 インテーク
(1)事例の概要
(2)ケースの発見・インテーク
(3)解説と考察
2 アセスメント
(1)事例の概要
(2)解説と考察
3 プランニング・インターベンション
(1)事例の概要
(2)解説と考察
4 再アセスメント・再プランニング
(1)事例の概要
(2)解説と考察


  <第3部 保育士の行う子育て支援とその実際(内容・方法・技術)>

第9章 保育所等における支援
1 保護者の抱える子育ての悩みと相談内容
2 保育所利用家庭に対する支援の内容 
(1)送迎時の丁寧な対応
(2)個人面談
(3)保護者向け講座の実施
(4)父親懇談会
(5)出会い保育
3 事例検討
(1)事例1:保育所に不信感を抱く保護者
(2)事例2:認められたい保護者
(3)事例3:保育者と話をしたい保護者
4 事例の解説と考察


第10章 地域の子育て家庭に対する支援
1 地域の子育て家庭の現状
2 保育・幼児教育施設の特性を生かした子育て支援
3 保育所における地域子育て支援の実際
(1)地域の子育てを支援するイベントの実施 
(2)ふれあい体験保育
(3)ふれあい運動会
(4)児童館との連携
(5)おもちゃの広場
4 事例検討
(1)事例1:保育所で開催「おもちゃの広場」
(2)事例2:地域親子と保育所をつなぐ「ふれあい運動会」
5 事例の解説と考察


第11章 障害のある子ども及びその家庭に対する支援
1 障害がある保護者が抱えている課題とその背景
(1)保護者が置かれている状況
(2)保護者は、日常的なかかわりから子どもの発達を理解していく
(3)専門機関との連携や社会的資源の活用
2 事例検討:思うように関係が作れなかった保護者
3 事例の解説および考察
4 保護者が子どもの障害を受容すること
(1)障害の受容過程は多様性がある
(2)障害受容の影響を与える要因
(3)障害受容の過程(段階説モデル、らせん形モデル)
5 まとめ
(1)“子どものため”という言葉
(2)子どもの様子について障害名等を使わないで説明できるように
(3)専門機関とつながっているケース


第12章 特別な配慮を要する子ども及びその家庭に対する支援
1 特別な配慮を要する子どもや家庭
2 ひとり親家庭の現状
3 ひとり親家庭の生活
4 事例検討 
(1)場面1:問題の発見
(2)場面2:インテークからアセスメントへ
5 事例の解説と考察


第13章 子ども虐待の予防と対応
 1 子ども虐待について
(1)子ども虐待の定義
(2)子ども虐待の発生要因
(3)DV(ドメスティック・バイオレンス)と子ども虐待
(4)保育所における児童虐待のチェックリスト
2 子ども虐待と関係機関
(1)児童相談所
(2)子育て世代包括支援センター
3 事例検討
(1)事例1:保育所内での事例
(2)事例2:ネグレクト(育児放棄)の事例
(3)事例3:DVが疑われる虐待の事例
4 事例の解説と考察


第14章 要保護児童等の家庭に対する支援
1 要保護児童と社会的養護施設
(1)児童養護施設の支援の流れ
(2)連携する専門職
2 保護者の支援
(1)保護者の状況を理解する
(2)親子関係再構築の支援
3 事例検討
(1)事例1:施設で生活を送る子どもの支援について
(2)事例2:保護者の支援について
(3)事例3:家庭復帰にかかわる他機関との連携について
4 事例の解説と考察


第15章 多様な支援ニーズを抱える子育て家庭の理解
1 保育所における多様なニーズ
2 外国にルーツをもつ家庭の現状と課題
(1)コミュニケーションに関する課題
(2)文化に関すること
(3)発達の保証に関すること
(4)民族的アイデンティティーと日本への適応に関すること
3 事例検討
(1)事例1:給食の場面に表れる多様な文化
(2)事例2:外国にルーツをもつ家庭とのコミュニケーション
4 事例の解説と考察
(1)2つの事例に共通して、考えるときに持ちたい視点
(2)事例1について
(3)事例2について
5 まとめ

著者プロフィール

原 信夫  (ハラ シノブ)  (編集

原 信夫(ハラ シノブ)
立教大学学生相談所カウンセラー、立教大学現代心理学部教授。専門は臨床心理学、カウンセリング。主な著書は『子ども家庭支援の心理学』(共編著、北樹出版)、『心理援助アプローチのエッセンス』(共著、樹村房)、『保育の心理学Ⅰ』(共著、大学図書出版)、『保育の心理学Ⅱ』(共著、大学図書出版)など。

松倉 佳子  (マツクラ ヨシコ)  (編集

松倉 佳子(マツクラ ヨシコ)
こども教育宝仙大学こども教育学部准教授。専門は社会福祉学。主な著書は、『新・社会福祉原論』(共著、みらい)、『シリーズ保育と現代社会 保育と子ども家庭福祉』(共著、みらい)など。

佐藤 ちひろ  (サトウ チヒロ)  (編集

佐藤 ちひろ(サトウ チヒロ)
白鷗大学教育学部准教授。専門は児童福祉。主な著書は、『新版 いちばんはじめの社会福祉』(共著、樹村房)、『よくわかる女性と福祉』(共著、ミネルヴァ書房)、『子ども家庭支援の心理学』(共著、北樹出版)、論文に『児童養護施設における「問題行動」への対応に関する研究』(単著、東洋大学人間科学研究紀要第21号所収)など。

上記内容は本書刊行時のものです。