版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ダメになる人類学 吉野 晃(監修) - 北樹出版
..
詳細画像 0

ダメになる人類学

発行:北樹出版
A5判
縦210mm 横148mm
240ページ
価格 2,300円+税
ISBN
9784779306297
Cコード
C3039
専門 単行本 民族・風習
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年3月31日
書店発売日
登録日
2020年2月20日
最終更新日
2020年3月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

フィールドで出会った「ダメ」にまつわる事象を、主として文化人類学的な視座から分析した珠玉の事例集。キーワードリストも充実し、反転学習にも最適。

(執筆者)
吉野晃・岩野邦康・田所聖志・稲澤努・小林宏至・中村知子・二文字屋脩・八田靖史・福士由紀・中野麻衣子・下地理則・片岡樹・李華・橋本栄莉・杉田研人・駒木敦子・馬場雄司

目次

第1部 生業・生態
 1 移動への構え――家を堅牢に作っちゃダメですか?
 2 “丁寧な暮らし”と過去になりたての未来
    ――食べ物は手づくりじゃなきゃダメでしたっけ?
 3 資源管理と集団魚毒漁――コモンズには社会の秩序がないとダメ
 4 人が決めてもダメでした――人間と家畜の関係性
 5 もめごとの処理――話し合わなきゃダメですか?

第2部 食と習慣
 1 混ぜないビビンバがダメな理由――韓国料理が大事にするもの
 2 ニューギニア島の食生活と歴史――サツマイモなしではダメなのです
 3 時間の感覚と生活習慣――0時に日付が変わらないとダメですか?
 4 働かないとダメですか?――業務内容:飲茶(アットホームな「職場」です)
 5 異なる医療文化の出会い――脈診は片腕だけじゃダメでした

第3部 交換と経済
 1 婚資を分割払いしてはダメですか?―― 一括払いは水くさい
 2 あなたのコメはどこから? わたしは実家から!
   ――自由にコメを送っちゃダメだった国ニッポンの現在
 3 資源開発と結婚ブーム――現金はダメだからまたブタで
 4 勝手に使っちゃダメですか?――モノの所有と使用
 5 シェアリングが支える豊かさ――そんなに持たなきゃダメですか?

第4部 コトバと世界観
 1 洗濯物の下をくぐっちゃダメなわけ――バリ島における上下の秩序と世界観
 2 時間と人間関係――集合時間を決めてもダメでした
 3 コーラがオレンジ色ではダメですか?――言葉とカテゴリー
 4 用語に惑わされてはダメ!――琉球語の人称と数の話
 5 識字文化の諸相――本は読まないとダメですか?

第5部 家族・親族
 1 ミエンの親子観――血がつながってなければダメですか?
 2 核家族化――大家族ではダメですか?
 3 移動を生きる――家族って一緒に暮らさなきゃダメですか
 4 漢族の名前と世代――勝手に名前を変えたらダメですか?
 5 祖先は恋のオジャマ虫――気軽に好きな人と交わっちゃダメですよね?
 6 ふたつの絆――つながらないとダメですか?

第6部 儀礼・宗教
 1 ウシに生きられなくなった人々――代わりにレモンじゃダメですか?
 2 「問いの精霊」に憑かれた女
    ――主体性や自己がなくてはダメだと考えるのはダメかもしれない
 3 拾われなかった遺骨の行方――残骨灰を廃棄してもダメじゃない、だけど……
 4 宗教の定義をめぐる問題――信じてない神様を拝んじゃダメですか?

第7部 ジェンダー
 1  儀礼の変化――女性が儀礼を執り行ってはダメですか?
 2 保健活動と性――人前で話題にしてはダメなこと
 3 ニューギニア高地社会の「男らしさ」――モテなくてはダメですか
 4  移民女性とジェンダー――「女は外、男は内」じゃダメですか?

第8部 記憶と歴史
 1  雪かきをめぐる、知恵と工夫とやっつけ仕事
   ――雪国のダメな感じのブリコラージュ
 2 祖先の歴史――コピペではダメですか?
 3 複数の歴史を生きてはダメですか?――祖先を選んで「未来」を創る
 4  記憶が歴史になるとき――活字で残さないとダメなんです

第9部 メディア・表象
 1 民族とエスニシティ――漁業をしない漁民はダメですか?
 2 メディアが文化を創ってはダメですか?
   ――その話、誰から聞いた? 何から聞いた?
 3 情報化社会を生き抜くヌエル人――閲覧者数=真実と考えるのはダメですか?
 4 高齢者とコミュニティ――高齢者が神前でエアロビをしてはダメですか?

第10部 国民国家とガバナンス
 1 “文化資源”とお国自慢
   ――大河ドラマと博物館は、タイアップしなきゃダメですか?
 2 茅葺の家ではダメですか――地域社会を形成していた年齢階梯集団
 3 国家の指示通りではダメだから
   ――イデオロギー国家における国営農場の運営戦略
 4 ダメなガソリンスタンド――違法だが不正ではない? 村社会のルール
 5 平和構築とノープロブレム――自分が世界の中心じゃやっぱりダメですか?

著者プロフィール

吉野 晃  (ヨシノ アキラ)  (監修

吉野 晃(ヨシノ アキラ)1954年東京生まれ。東京都立大学大学院博士課程単位取得退学。博士(社会人類学)。東京学芸大学教育学部教授。専門は社会人類学、ミエン(ヤオ)研究。著書に『ミエン・ヤオの歌謡と儀礼』(共著、大学教育出版、2016年)、『東南アジア大陸部:山地民の歴史と文化』(共著、言叢社、2014年)など。

岩野 邦康  (イワノ クニヤス)  (編集

岩野 邦康(イワノ クニヤス)東京学芸大学教育学部卒業。新潟大学大学院博士課程修了(単位取得後退学)。越後平野における低湿地農業の近代化に関わる民俗を研究。民俗担当の学芸員として新潟市歴史博物館の建設に関わったのち、2013年より新潟市新津鉄道資料館学芸員。

田所 聖志  (タドコロ キヨシ)  (編集

田所 聖志(タドコロ キヨシ)東京学芸大学教育学部卒業。東京都立大学大学院単位取得満期退学。博士(社会人類学)。秋田大学国際資源学部准教授。著書に『秩序の構造:ニューギニア山地民における人間関係の社会人類学』(東京大学出版会、2014年)。地下資源開発による社会への影響、村落共同体と健康の関連を研究中。

稲澤 努  (イナザワ ツトム)  (編集

稲澤 努(イナザワ ツトム)東京学芸大学教育学部卒業、東北大学大学院環境科学研究科単位取得退学、博士(学術)。尚絅学院大学総合人間科学系准教授。主著『消え去る差異、生み出される差異:中国水上居民のエスニシティ』(東北大学出版会、2016年)。

小林 宏至  (コバヤシ ヒロシ)  (編集

小林 宏至(コバヤシ ヒロシ)東京学芸大学教育学部卒業。首都大学東京(現・旧:東京都立大学)大学院博士後期課程単位取得満期退学。博士(社会人類学)。山口大学人文学部准教授。主著に『客家:歴史・文化・イメージ』(共著、現代書館、2019年)。

上記内容は本書刊行時のものです。