版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ヴィという少女 キム・チュイ(著) - 彩流社
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号: 03-3234-5931
注文FAX番号: 03-3234-5932
注文メール: sairyusha@sairyusha.co.jp

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|鍬谷|日教販|弘正堂|JRC|日キ販|八木|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 返品常時承諾しています。了解書が必要な場合、玉崎了解でご返品ください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784779127717

ヴィという少女
原書: Vi

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:彩流社
四六判
縦195mm 横135mm 厚さ16mm
重さ 264g
168ページ
上製
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-7791-2771-7   COPY
ISBN 13
9784779127717   COPY
ISBN 10h
4-7791-2771-8   COPY
ISBN 10
4779127718   COPY
出版者記号
7791   COPY
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年9月
発売予定日
登録日
2021年8月4日
最終更新日
2021年9月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

人は誰しも居場所を求めて旅ゆく──渡り鳥のように

ベトナム戦争に翻弄される「ボートピープル」達の運命を描いた、
キム・チュイによるシリーズ作品の第3作目。主人公のヴィが
自分の居場所を求めて「鳥」のように羽ばたいた先で見た景色は──

ベトナムの魂への冒険、断絶の物語、
そして自分自身を産み出すための長いプロセス。
『Vi』は、女性の静かな力に見事な賛辞を贈る、
感動的でエネルギーに満ちた小説です。
──── ELLE 誌(仏)

【作品のあらすじ】
主人公のヴィは一家の末娘に生まれ、大切にかわいがられて育ってきた。
そんな平穏な日々は戦争により奪い去られ、故郷ベトナムからの脱出を
余儀なくされてしまう。そんな危機のさなか、幼少時から裕福な家系に
生まれ、蝶よ花よと育てられてきた父に家族を守るだけの勇気はなく、
母子たちは父を残し、国外へと逃れる。新天地となったカナダで母や兄、
友人たちと過ごすうちに、ヴィは鳥類学者の青年ヴァンサンと出会う。
彼とともに過ごしながら、まるで渡り鳥のように世界中を飛び回るうちに、
ヴィは、とある思いを強めてゆく……

著者プロフィール

キム・チュイ  (キムチュイ)  (

キム・チュイ(Kim Thúy)
ベトナム系カナダ人作家。
1968年、ベトナムのサイゴン(現ホーチミン市)に生まれる。
10歳で、カナダに移民。モントリオール大学で学んだ後、裁縫師、
通訳、弁護士、レストラン経営者などを経て、2009年に処女作 Ru
を発表し、同作でカナダ総督文学賞など数々の文学賞を受賞。
現在はモントリオールに在住し、執筆活動に専念している。
2018年、世界26カ国で翻訳出版され、ベトナム戦争後の混乱の中、
ボートピープルとなってカナダに渡った少女を描いた自伝的小説である
『小川 Ru』(山出裕子 訳、彩流社、2012年)が、
「ニュー・アカデミー文学賞」にノミネートされる。

関 未玲  (セキミレイ)  (

せきみれい SEKI Mirei
立教大学 外国語教育研究センター 准教授。
著訳書等に
『マルグリット・デュラス 声の〈幻前〉 小説・戯曲・映画』
(「デュラス、〈声〉をめぐるエクリチュールの試み 関未玲」所収、
 森本淳生、ジル・フィリップ 編、水声社、2020年)、
『Marguerite Duras à la croisée des arts』
(Mirei SEKI、Michelle Royer他著、Peter Lang Publishing、
 2019年)、
『サ・マルシュ?』
(関未玲、小倉和子、石川文也、Anthony do Nascimento 著、
 駿河台出版社、2018年)、
『フランス語ほんとうに必要なところをまとめました。 CD BOOK』
(関未玲 著、ベレ出版、2018年)、
「キム・チュイ作品に見られる相対化されたオリエンタリズム」
(所収『ケベック研究 Revue Japonaise des etudes quebecoises』、
 日本ケベック学会 編、2018年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。