版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
夕霧花園 タン・トゥアンエン(著) - 彩流社
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
子どもの文化     書店(直)
直接取引:あり
返品の考え方: 返品常時承諾しています。了解書が必要な場合、玉崎了解でご返品ください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

夕霧花園 (ユウギリカエン)
原書: The Garden of Evening Mists

テレビ・映画化
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:彩流社
四六判
縦195mm 横135mm 厚さ35mm
重さ 524g
496ページ
上製
定価 3,500円+税
ISBN
978-4-7791-2764-9   COPY
ISBN 13
9784779127649   COPY
ISBN 10h
4-7791-2764-5   COPY
ISBN 10
4779127645   COPY
出版者記号
7791   COPY
Cコード
C0097  
0:一般 0:単行本 97:外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年2月
書店発売日
登録日
2021年5月21日
最終更新日
2023年4月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-04-08 日本経済新聞  朝刊
評者: 藤井光(翻訳家)
MORE
LESS

紹介

この記憶は いつまで わたしに残るのだろうか

天皇の庭師だったアリトモと、日本軍の強制収容所のトラウマを抱えるユンリン

1950年代、英国統治時代のマラヤ連邦(現マレーシア)
日本庭園「夕霧」を介して、ふたりの人生が交錯する──

同名映画『夕霧花園』【トム・リン監督/リー・シンジエ、阿部寛出演】原作
(2019年映画化、2021年7月24日~日本公開)。
http://yuugiri-kaen.com/

マン・ブッカー賞最終候補に選ばれ、現代アジア文学で最も優れた小説に贈られるマン・アジア文学賞等を受賞。17ヵ国語に翻訳され、高い評価を受けている。

【あらすじ】
封印していた数々の記憶が、「夕霧」でふたたび流れ出す──

1980年代のマレーシア。
連邦裁判所判事の職を離れたテオ・ユンリンは、キャメロン高原の日本庭園「夕霧」を再訪する。

そこは、30数年前、日本庭園を愛する姉の慰霊のために、日本人庭師ナカムラ・アリトモに弟子入りした場所だった。

日本軍のマレー半島侵攻、戦後マラヤの「非常事態」を背景に、戦争で傷ついた人びとの思いが錯綜する。

著者プロフィール

タン・トゥアンエン  (タントゥアンエン)  (

Tan Twan Eng(陳團英)
1972年、マレーシアのペナン島生まれ。
合気道は初段、伝統的建築物の保存に強い関心を寄せる。
ロンドン大学で法律を学び、クアラルンプールで知的財産弁護士として勤務した後に小説家となり、デビュー作 The Gift of Rain(2007)がマン・ブッカー賞の候補作に選ばれる。
2作目の本作『夕霧花園』は2012年マン・ブッカー賞の最終候補となり、同年のマン・アジア文学賞のほか、歴史小説に授与されるウォルター・スコット賞(2013)を受賞、2014年には国際IMPACダブリン文学賞の最終候補作品となり、台湾語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、インドネシア語、イタリア語、韓国語、ロシア語、スペイン語など17か国語に翻訳されている。
また2017年に英国王立文学協会が主催した Favourite Second Novel の投票でジェイン・オースティンの『高慢と偏見』に次いで第2位に選ばれ、2019年には台湾のトム・リン監督が、主人公テオ・ユンリンにリー・シンジエ(李心潔)、ナカムラ・アリトモに阿部寛を迎えて映画化、第56回「金馬賞」では9部門にノミネートされ、最優秀スタイリングデザイン賞を受賞した。

宮崎 一郎  (ミヤザキイチロウ)  (

1952年生まれ。新潟薬科大学非常勤講師。茨城大学人文学部卒。高校教員を経て現職。
訳書:ピーター・マーティン『パース わたしの愛した犬』(共訳、バベルプレス、2005)、ピン・ヤータイ『息子よ、生き延びよ──カンボジア・悲劇の証人』(連合出版、2009)

上記内容は本書刊行時のものです。