版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
革命家ブォナローティ伝 ジャン=マルク・シアパ(著) - 彩流社
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号: 03-3234-5931
注文FAX番号: 03-3234-5932
注文メール: sairyusha@sairyusha.co.jp

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|鍬谷|日教販|弘正堂|JRC|日キ販|八木|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 返品常時承諾しています。了解書が必要な場合、玉崎了解でご返品ください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784779127632

革命家ブォナローティ伝
原書: Buonarroti (1761-1837): L'inoxydable

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:彩流社
A5判
縦215mm 横155mm 厚さ26mm
重さ 555g
360ページ
上製
定価 5,000円+税
ISBN
978-4-7791-2763-2   COPY
ISBN 13
9784779127632   COPY
ISBN 10h
4-7791-2763-7   COPY
ISBN 10
4779127637   COPY
出版者記号
7791   COPY
Cコード
C0023
一般 単行本 伝記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年9月
書店発売日
登録日
2021年7月8日
最終更新日
2021年9月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「最初の職業的革命家、ブオナローティの生涯」

「バブーフの陰謀」の指導者の一人であり、19世紀に「革命の長老」と
呼ばれたブオナローティ。彼が活動した場はイタリア、フランス、スイス、
ベルギーと広範囲に及んだ。シアパが指摘するのはブオナローティの活動
の多面性である。1796年の「陰謀」の主要な指導者の一人として
フランス革命、総裁政府のありようにも影響を与え、『バブーフの陰謀』
(1828年)の著者としてだけでなく、主としてブリュッセル、パリでの
革命家たちとの交渉を通じて、西欧の社会革命家たちにも影響を与えたのだ。
それらとの同時代、「陰謀」挫折後、1837年に没するまで、マッツィーニ
とも競いあっていたイタリア統一運動指導者としてのブオナローティの姿もある。

本書は、同じくマルク・シアパの『革命家グラッキュス・バブーフ伝』
(彩流社、2019年)、ブォナローティ『平等をめざす、バブーフの陰謀』
(法政大学出版局、2020年)の訳者による完訳書である。

著者プロフィール

ジャン=マルク・シアパ  (ジャンマルクシアパ)  (

Jean-Marc Schiappa.
1956年、モロッコ(ラバト)生まれ。
ニース大学文学部卒業。社会科学高等研究院(EHESS)にてディプローム取得。
1992年、パリ第一大学パンテオン=ソルボンヌにて
ミシェル・ヴォヴェルの指導の下、博士号取得。
現在クレテイユ(ヴァル=ド=マルヌ県の県庁所在地)のコレージュ・クレマン
=ギュイヤール(Collège Clément-Guyard)で「地理・歴史」の教師
(2018年10月時点)。一時は労働組合運動の全国センターの
ひとつ「労働者の力(Force ouvrière)」代表や、
自由思想を研究する「自由思想研究所(IRELP)」代表を
務めるなど、世俗性をめぐる現実の運動にも関わっている。
邦訳に『革命家グラッキュス・バブーフ伝』(ジャン=マルク・シアパ 著、
田中正人 訳、彩流社、2019年)がある。

田中 正人  (タナカマサト)  (

たなか・まさと Masato Tanaka
1944年、埼玉県朝霞生まれ。1963年、京都大学法学部入学、
1974年、京都大学大学院法学研究科博士課程満期終了。
同年に、愛知県立大学外国語学部(フランス学科)講師。同助教授、教授を経て、
2001年からは愛知大学法学部教授。2015年3月、定年退職。愛知大学名誉教授。
主な著訳書等に、
フーリエ『産業的共同社会的新世界』(中央公論社『世界の名著 続8』、1974年)、
プーランツァス『ファシズムと独裁』(社会評論社、1974年)、
プーランツァス『国家・権力・社会主義』(共訳、ユニテ、1984年)、
「共和主義と第二共和政」『1848 国家装置と民衆』(阪上孝編、
ミネルヴァ書房、1985年、所収)、
ルージュリ『1871―民衆の中のパリ・コミューン』(共訳、ユニテ、1987年)、
「『二人の子供のフランス巡歴』とその時代」『規範としての文化』
(共著、平凡社、1990年、所収)、「二つの大戦の間で」
『世界史大系 フランス史3』(共著、山川出版社、1995年)、
ブオナローティ「平等をめざす、いわゆるバブーフの陰謀」『愛知大学法学部
 法経論集』(2005年12月~ 2008年9月)、
ジャン=マルク・シアパ『革命家グラッキュス・バブーフ伝』
(彩流社、2019年)、
フィリップ・ブォナローティ『平等をめざす、バブーフの陰謀
  叢書・ウニベルシタス』(法政大学出版局、2020年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。