版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
成功するDX、失敗するDX 兼安 暁(著) - 彩流社
.

成功するDX、失敗するDX 形だけのデジタル・トランスフォーメーションで滅びる会社、超進化する会社

発行:彩流社
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ19mm
重さ 280g
208ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-7791-2688-8
Cコード
C0033
一般 単行本 経済・財政・統計
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年8月
書店発売日
登録日
2020年5月25日
最終更新日
2020年8月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

コロナ禍で、個人は、企業は、いま何をすべきか。

DXトップコンサルタントが、10年後の世界で生き残るための
DX(デジタル・トランスフォーメーション)推進ポイントを徹底解説!

【内容紹介】
● 10年後はこんな世界になっている ● DXの戦略的な意味
● 現状の延長でDXに取り組むと失敗する ● DX時代の資本政策
● 改善でも変革でもない。求められるのは創造
● 既存事業と切り離し、全く新しく作る
● 社内ベンチャーかスタートアップか ● スタートアップの成長に乗る
● 既存事業でDXをやるべきでない理由
● それでもやるなら延命措置と位置づける ● 事業の世代交代を考える

著者プロフィール

兼安 暁  (カネヤス サトル)  (

かねやす・さとる
米国系コンサルティングファーム、ベンチャー企業、
一部上場企業を経て、フリーのコンサルタントとして独立。
日本で最初に基幹システムをLINUX上で導入。
Tポイントの立ち上げに、
リードアーキテクト兼システム総責任者として貢献。
小売流通、貿易、金融、IT、製薬、旅行業、メディア、通信、
EC、航空宇宙など、あらゆる産業を経験。
2016年より、Fintech、Retechを中心に起業支援。
米国、東南アジアで事業を自ら立ち上げ中のものも含め、
これまでに200以上のDX案件に携わる。
著書に、
『イラスト&図解でわかるDX(デジタルトランスフォーメーション)』
(彩流社、2019年)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。