版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
トランスアトランティック・エコロジー 吉川 朗子(編著) - 彩流社
.
神戸市外国語大学 人文・社会科学叢書

トランスアトランティック・エコロジー ロマン主義を語り直す
原書: TRANSATLANTIC ECOLOGY:New Romantic Dialogues

発行:彩流社
A5判
縦215mm 横155mm 厚さ24mm
重さ 520g
320ページ
上製
定価 3,500円+税
ISBN
978-4-7791-2630-7
Cコード
C0098
一般 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年10月
書店発売日
登録日
2019年8月27日
最終更新日
2019年10月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

地球規模の環境問題が深刻化する現在、
進展めざましい
「エコクリティシズム」に、
環大西洋的(トランスアトランティック)交流の視点を導入。

エコロジー思想の源泉のひとつ、
イギリス・ロマン主義と
アメリカのロマン主義(アメリカン・ルネサンス)の
環境文学・環境思想の相互作用、浸透を分析。

20世紀以降の自然保護運動や
環境意識に与えた影響、現代の環境批評に繋がる観点を捉える。

目次

第1部 環大西洋の言語空間──自然・精神・歴史

第1章 「見えざる世界の証明」
  ──スヴェーデンボリ、ブレイク、エマソン
(鈴木雅之/京都大学名誉教授・宮城学院女子大学学芸学部特命教授)

第2章 「歴史」の解体
  ──エマソンの自然像と環大西洋思想の文脈
(成田雅彦/専修大学経営学部教授)

第3章 トランスアトランティックな遡行とエコロジカルな再生
  ──メルヴィルの小説におけるアメリカ独立革命
(竹内勝徳/鹿児島大学法文学部教授)

第2部 物語る自然のトランスアトランティックな共鳴

第4章 ミルトン、コウルリッジ、ソロー
  ──レテの川から難破の浜辺へ
(伊藤詔子/広島大学名誉教授)

第5章 ワーズワスからソローへ
  ──「躍動する物質」のロマン主義的系譜
(小口一郎/大阪大学大学院言語文化研究科教授)

第6章 破局のエコノミー
  ──クレアとソローの自然史
(金津和美/同志社大学文学部教授)

第7章 メルヴィルとマテリアル・エコクリティシズム
  ──トランスアトランティックに捉えるその創造性
(藤江啓子/愛媛大学名誉教授)

第3部 自然と人の持続可能な関係性に向けて

第8章 環大西洋の田園共和主義と北方の原野
  ──ウルストンクラフトの環境意識
(川津雅江)

第9章 鯨のエコロジー
  ──『白鯨』のテクノロジーとエコノミー
(植月惠一郎/日本大学芸術学部教授)

第10章 楽しむ心を持つすべての人に
  ──風景観光・歩行の詩学・自然保護
(吉川朗子)

コーダ
経験主義、情報管理、環境人文学
(スコット・スロヴィック/
アイダホ大学教授、ASLE機関誌ISLE編集長
【大野美砂(東京海洋大学学術研究院准教授)訳】)

著者プロフィール

吉川 朗子  (ヨシカワ サエコ)  (編著

Saeko Yoshikawa.
よしかわ・さえこ
神戸市外国語大学外国語学部教授。
著訳書に、
『ロマン主義エコロジーの詩学──環境感受性の芽生えと展開』
(共著、音羽書房鶴見書店、2015年)、
Victorian Ecocriticism : The Politics of Place and
Early Environmental Justice
(共著、Lexington Books、2017年)
『エドワード・トマス訳詩集』
(翻訳、エドワード・トマス 著、春風社、2015年)ほか。

川津 雅江  (カワツ マサエ)  (編著

Masae Kawatsu.
かわつ・まさえ
名古屋経済大学名誉教授。
著訳書に、
『サッポーたちの十八世紀──近代イギリスにおける
女性・ジェンダー・セクシュアリティ』
(音羽書房鶴見書店、2012年)、
『ロマン主義エコロジーの詩学──環境感受性の芽生えと展開』
(共著、音羽書房鶴見書店、2015年)
『グリーンライティング―─ロマン主義とエコロジー』
(共訳、ジェイムズ・C.マキューシック 著、
音羽書房鶴見書店、2009年)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。