版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
美少年 岡本かの子 アムール幻想傑作集 岡本 かの子(著) - 彩流社
.

美少年 岡本かの子 アムール幻想傑作集

発行:彩流社
A5判
縦215mm 横155mm 厚さ18mm
重さ 400g
264ページ
上製
定価 2,400円+税
ISBN
978-4-7791-2587-4
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年4月
書店発売日
登録日
2019年3月15日
最終更新日
2019年4月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

2019年、岡本太郎の母でもある岡本かの子、
生誕130年、没後80年!

華麗な豪奢さと
豊饒で積極的な愛を湛えた名作の数々!

妖艶耽美な作風で知られる岡本かの子は、
戦争の影が忍び寄る昭和十年前後の文壇にあって
異端の存在だった。
そもそも女性作家の少なく、女性が男に伍して知的職業を
成すことに偏見を持つ人も少なくない時代だった。
ややもすれば女性作家には好奇の目が注がれ、
兎角スキャンダルの種にされた。

そんな風潮のなか、
岡本かの子は堂々たるナルシストぶりを発揮し、
嫣然たる女王の如く振る舞い、
噂好きも辟易しかねないほど自儘に振る舞った。
とはいえその自儘さは、多くの苦痛と背中あわせだったし、
自儘も苦悩も共に飲み込んで作品に昇華する強さを、
彼女は持っていたのである。

現代仮名遣いによって甦る、岡本かの子 珠玉の作品集!

目次

【収録作品】


豆腐買い

象牙の床

病房にたわむ死

愛よ愛

小町の芍薬

兄弟

花は勁し

高原の太陽

過去世

呼ばれし乙女



家霊
  
蝙蝠
 
真夏の幻覚

越年



美少年


     
解説 豪奢なる気骨、溌溂たる耽美  長山靖生

著者プロフィール

岡本 かの子  (オカモト カノコ)  (

おかもと・かのこ
1889年に生まれ、
1953年に没した、日本の小説家。
代表作に
『母子叙情』
『老妓抄』
『生々流転』など多数。

長山 靖生  (ナガヤマ ヤスオ)  (

ながやま・やすお
評論家。1962年、茨城県生まれ。
鶴見大学歯学部卒業。歯学博士。
文芸評論から思想史、若者論、家族論など幅広く執筆。
1996年、
『偽史冒険世界 カルト本の百年  ちくま文庫』
(筑摩書房)で大衆文学研究賞、
2010年、
『日本SF精神史 幕末・明治から戦後まで 河出ブックス』
(河出書房新社→【完全版】2018年刊)で
日本SF大賞、星雲賞を受賞。
他の著書等に
『鴎外のオカルト、漱石の科学』(新潮社)、
『「吾輩は猫である」の謎 文春新書』(文藝春秋)、
『日露戦争 もうひとつの「物語」 新潮新書』(新潮社)、
『千里眼事件 科学とオカルトの明治日本
 平凡社新書』(平凡社)、
『奇異譚とユートピア 近代日本驚異小説史』
(中央公論新社)
『戦後SF事件史 日本的想像力の70年 河出ブックス』
(河出書房新社)、
『「ポスト宮崎駿」論  日本アニメの天才たち
新潮新書』(新潮社)、
『文豪と酒  酒をめぐる珠玉の作品集 中公文庫』
(中央公論新社)、
『帝国化する日本  明治の教育スキャンダル
ちくま新書』(筑摩書房)、
『文豪と東京  明治・大正・昭和の帝都を映す作品集
中公文庫』(中央公論新社)のほか、
全ての編集に携わる形で、
『羽ばたき 堀辰雄初期ファンタジー傑作集』、
『詩人小説精華集』、
『丘の上 豊島与志雄 メランコリー幻想集』、
『奇妙な小話 佐藤春夫 ノンシャラン幻想集』、
『セレナード 横光利一 モダニズム幻想集』、
『魔術 芥川龍之介 幻想ミステリ傑作集』
(すべて、彩流社)を刊行している。

上記内容は本書刊行時のものです。