版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
マーク・トウェイン文学/文化事典 亀井 俊介(監修) - 彩流社
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|鍬谷|日教販|弘正堂|JRC|日キ販|八木|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 返品常時承諾しています。了解書が必要な場合、玉崎了解でご返品ください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784779115752

マーク・トウェイン文学/文化事典

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:彩流社
A5判
縦215mm 横155mm 厚さ34mm
重さ 680g
482ページ
上製
定価 4,900円+税
ISBN
978-4-7791-1575-2   COPY
ISBN 13
9784779115752   COPY
ISBN 10h
4-7791-1575-2   COPY
ISBN 10
4779115752   COPY
出版者記号
7791   COPY
Cコード
C0598  
0:一般 5:事・辞典 98:外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2010年10月
書店発売日
登録日
2010年9月24日
最終更新日
2014年12月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

アメリカで最初の、そして最大の国民作家マーク・トウェイン(1835~1910)。
アメリカ国内にとどまらず、世界を股にかけ、小説家、ジャーナリスト、講演家、ユーモリスト、旅行記作家、批評家・・・・・・と多彩な顔を見せたマーク・トウェインの「人生と文学」を明快に解説。
各項目にアメリカの文化的背景の説明も盛り込み、「アメリカ人そのものだった」(H. L. メンケン)、「マーク・トウェインは私たちみんなのおじいさんです」(ウィリアム・フォークナー)と言われ、いまも絶大な人気を誇る「巨大な文学者」の理解を深める事典。

目次

▼はしがき(亀井 俊介)
▼マーク・トウェインの生涯(井川 眞砂)
没後100年を迎えたマーク・トウェイン/マーク・トウェイン(本名サミュエル・ラングホーン・クレメンズ)――西部の開拓地に生まれる/筆名(ペンネーム)「マーク・トウェイン」の誕生――パイロット用語の「水深二尋(ひろ)」を採用する/マーク・トウェインの活躍――「国民作家」へ/マーク・トウェインの晩年/マーク・トウェイン・ペイパーズ&プロジェクト

▼マーク・トウェインの著作
序説(後藤 和彦)……アメリカ語の独立宣言/無垢の力/社会派としてのマーク・トウェイン

▼マーク・トウェインの文学世界
序説(有馬 容子)……天性のユーモリスト/ジャーナリスト、そして並外れた読書家/厭世の晩年とファンタジー作品 /科学の影響――新たな文学とユーモアの可能性
【項目】:SF/科学/挿絵/ジャーナリズム/宗教/進化論/人種観/スピーチ・講演/聖書/探偵小説/パロディ/ファンタジー(夢)/文学的影響/ユーモア/リアリズム/旅行記、など

▼マーク・トウェインのアメリカ
序説(武田 貴子)……「ハック」と「マーク・トウェイン」 /フロンティア育ち /「西部――トウェインの文学的金鉱」 /「トウェイン・ブランド」 /アメリカン・ドリームの体現者 /アメリカン・ヒーロー(国民的イコン)
【事項】:『アトランティック・マンスリー』誌/お上品な伝統/気球/金めっき時代/クエイカー・シティ号/ゴールド・ラッシュ/サーカス/蒸気船/タバコ/電話/特許権・発明/奴隷制度/南北戦争(1861~65)/方言・俗語/法廷/マーク・トウェイン・ペイパーズ/モルモン教/予約出版、など
【地名】:ヴァージニア・シティ(ネヴァダ州)/エルマイラ(ニューヨーク州)/オハイオ川 /サンフランシスコ(カリフォルニア州)/西部/セント・ルイス(ミズーリ州)/南部 /ニューイングランド/ニュー・オーリンズ/ニューヨーク/ハートフォード(コネティカット州)/ハンニバル(ミズーリ州)/ミシシッピー川/ワシントンD. C. など
【人名】:T. S. エリオット/家族/グラント将軍・大統領/ヘレン・ケラー/ウォルト・ディスニー/P. T. バーナム/ヘンリー・ロジャーズ、など

▼マーク・トウェインと世界
序説(里内 克巳)……旧世界を旅する/国内か国外か/非西洋圏へのまなざし
【項目】:アフリカ/イギリス/イタリア/インド/ウィーン/オーストラリア/聖地/中国 /ドイツ/日露戦争(1904~05)/バミューダ/反帝国主義/フランス/米西戦争(1898)/ロシア、など

▼日本におけるマーク・トウェイン
序説(石原 剛)……明治期のトウェイン翻訳/原抱一庵のトウェイン翻訳/佐々木邦の訳業とトウェイン/大正期から戦前におけるトウェイン/戦後日本におけるトウェインの衝撃/戦後大衆文化におけるトウェイン
【項目】:アニメ/有島武郎/巌谷小波/映画・演劇/影響作品/大江健三郎/大佛次郎/教科書・注釈書/黒田琴/堺利彦/佐々木邦/薄田泣菫/鈴木三重吉/大衆文化/千葉省三/日本マーク・トウェイン協会/原抱一庵/翻案/翻訳/村岡花子/山縣五十雄、など

▼現代アメリカ文学から見たマーク・トウェイン(柴田 元幸)

▼著作目録/参考文献/年譜(生前・没後・日本)/索引

版元から一言

★今年(2010年)、没後100年を迎え、アメリカでは11月30日(175回目の誕生日)に出版される無修正版『自伝』(全3巻)が大きな話題になっています!

★(社)日本図書館協会 選定図書
★紹介……日本経済新聞(2010年10月24日)
     京都新聞(2011年2月6日)
★書評……週刊読書人/大串尚代氏(2010年12月10日)
     アメリカ学会会報 No.175/巽孝之氏(2011年4月)

著者プロフィール

亀井 俊介  (カメイ シュンスケ)  (監修

東京大学名誉教授・岐阜女子大学教授

★その他の主な執筆者★
朝日 由紀子(白百合女子大学教授)
有馬 容子(敬愛大学教授)
井川 眞砂(東北大学大学院教授)
石原 剛(早稲田大学准教授)
後藤 和彦(立教大学教授)
里内 克巳(大阪大学准教授)
柴田 元幸(東京大学教授)
武田 貴子(名古屋短期大学教授)
中垣 恒太郎(大東文化大学准教授)

上記内容は本書刊行時のものです。