版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
国立がん研究センターの乳がんの本 改訂新版 首藤昭彦(監修) - 小学館クリエイティブ
..
【利用不可】

国立がん研究センターの乳がんの本 改訂新版 (コクリツガンケンキュウセンターノニュウガンノホンカイテイシンパン)

趣味・実用
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
176ページ
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-7780-3599-0   COPY
ISBN 13
9784778035990   COPY
ISBN 10h
4-7780-3599-2   COPY
ISBN 10
4778035992   COPY
出版者記号
7780   COPY
Cコード
C2047  
2:実用 0:単行本 47:医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2024年1月15日
書店発売日
登録日
2023年9月18日
最終更新日
2024年1月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

乳がん治療の最新情報を詳しく解説

乳がんは他のがんに比べて発症する年齢が比較的低く、40歳代でピークを迎えます。女性のがんで最も患者数が多いがんではありますが、早期に発見されるケースが多く、死亡率はそれほど高くないのが特徴です。
治療法の進歩はめざましく、からだへの負担が小さい手術や、外見の変化が少ない再建方法、新しい分子標的薬などが次々に現れています。その一方で、インターネット上ではさまざまな情報があり、何を信じればよいのかわからなくなっている方も多くいます。
本書は、国立がん研究センター中央病院の先生方の監修のもと、読者の方が知りたいことについて丁寧に解説します。改訂新版では、最新の診療ガイドラインに基づいた治療法、アピアランス(外見の変化)ケアの情報を充実させました。
*本書は『国立がん研究センターの乳がんの本』(2018年刊)に新たな知見を加えた改訂新版です。

目次

◆基礎知識
世界的に増えている乳がん/乳がんは乳腺にできるがん/女性ホルモンの分泌期間ががん発生に影響/罹患率は高いが死亡率は比較的低い
第1章 乳がんが疑われたら
検診/間違えやすい病気/診断がつくまで
第2章 乳がんの治療
治療のガイドライン/手術療法/薬物療法/放射線療法/遺伝性乳がん/新しい治療法
第3章 乳がん手術後の生活
後遺症と治療/リハビリテーション/日常生活で注意すること
第4章 乳がんの再発・転移
再発リスク/局所再発/遠隔転移/治療/向き合い方
第5章 心のケアと療養のこと
がんと診断されたら/病院の選び方/緩和ケア

上記内容は本書刊行時のものです。