版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
まんがでわかる正義中毒  人は、なぜ他人を許せないのか? 中野信子(監修) - アスコム
..
詳細画像 0

書店員向け情報 HELP

まんがでわかる正義中毒  人は、なぜ他人を許せないのか?

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:アスコム
四六判
188ページ
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-7762-1174-7   COPY
ISBN 13
9784776211747   COPY
ISBN 10h
4-7762-1174-2   COPY
ISBN 10
4776211742   COPY
出版者記号
7762   COPY
Cコード
C0030  
0:一般 0:単行本 30:社会科学総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年11月2日
最終更新日
2021年11月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

18万部のベストセラー『人は、なぜ他人を許せないのか?』が待望のまんが化!
SNSいじめ、炎上、ハラスメント、誹謗中傷-。話題の「正義中毒」が起きる仕組みを最新の脳科学で解き明かす!

人の脳は、裏切り者や社会のルールから外れた人など、わかりやすい攻撃対象を見つけ、
罰することに快感を覚えるようにできています。この快楽にはまってしまうと、簡単には抜け出せなくなり、罰する対象を常に探し求め、決して人を許せないようになってしまいます。

この状態は正義に溺れてしまった中毒状態、いわば「正義中毒」です。
これは、脳に備わっている仕組みであるため、誰しもが陥ってしまう可能性があるのです。

【あらすじ】
とある文具メーカーの広報部に勤務する伊藤真澄は、業務の一環で自社SNSの「中の人」を担当することに。試行錯誤しながらも順調にフォロワーを増やしていき絶好調に思えた矢先、ある出来事をきっかけにアカウントが炎上してしまう。同じ部署の頼れる先輩・高柳や、現在はバー「TRUST」を経営しているが、かつては脳科学の研究者だったというマスターなど、仲間たちにアドバイスをしてもらいながら、「正義中毒」とは何か?を学び、乗り越える術を探していく―。

漫画のストーリーに沿って読み進めていくうちに、許せない感情が生まれる理由や、人を許せなくなる脳の仕組み、そして「正義中毒」を乗り越えるヒントを分かりやすく学ぶことができます。怒りや憎しみなど負の感情に振り回されず、心穏やかに生きるコツを見つけられる1冊です。

目次

第1章 ネット時代の「正義」―他人をつるし上げる悦び①
    …SNSが隠れていた争いを「見える化」した
    …炎上ビジネスに踊らされる正義中毒者たち
    …正義中毒は人間の宿命
第2章 ネット時代の「正義」―他人をつるし上げる悦び②
    …自然災害と閉鎖的環境が日本人の社会性を高めた?
    …人格攻撃と議論の決定的な違い
第3章 なぜ、人は人を許せなくなってしまうのか
    …人間の脳は、対立するようにできている
    …正義中毒のエクスタシー
    …「バイアス」は脳の手抜き
    …ネット社会は確証バイアスを増長させる
    …加齢が脳を保守化させる
第4章 「正義中毒」から自分を解放する
    …正義中毒を乗り越えるカギは「メタ認知」
    …老けない脳をつくるトレーニングと生活習慣
…自分にも他人にも「一貫性」を求めない
…対立ではなく並列で考える

著者プロフィール

中野信子  (ナカノノブコ )  (監修

中野信子(なかの・のぶこ)
1975年、東京都生まれ。脳科学者、医学博士、認知科学者。東京大学工学部応用化学科卒業。同大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。フランス国立研究所ニューロスピンに博士研究員として勤務後、帰国。脳や心理学をテーマに研究や執筆の活動を精力的に行う。科学の視点から人間社会で起こりうる現象及び人物を読み解く語り口に定評がある。現在、東日本国際大学特任教授、京都芸術大学客員教授。著書に『脳はなんで気持ちいいことをやめられないの?』『人は、なぜ他人を許せないのか?』(アスコム)、『サイコパス』(文藝春秋)、『空気を読む脳』『ペルソナ 脳に潜む闇』(講談社)、『キレる!』『「嫌いっ!」の運用』(小学館)など多数。また、テレビコメンテーターとしても活躍中。

上記内容は本書刊行時のものです。