版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
増補 射こまれた矢 能登恵美子遺稿集 能登 恵美子(著/文) - 皓星社
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|日貿|JRC|新日本|八木|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 常時承ります。了解が必要な場合は晴山了解でお戻しください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784774407449

増補 射こまれた矢 能登恵美子遺稿集

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:皓星社
四六判
368ページ
上製
価格 1,000円+税
ISBN
978-4-7744-0744-9   COPY
ISBN 13
9784774407449   COPY
ISBN 10h
4-7744-0744-5   COPY
ISBN 10
4774407445   COPY
出版者記号
7744   COPY
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2021年3月15日
最終更新日
2021年7月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ハンセン病のことに打ちこむ人は、矢を射こまれたようにこのことに打ちこむ。能登さんは、そういう人の一人だ。この矢を抜いてくれと叫びたいときはあっただろう。しかし、矢を抜いてもらわない生涯を生きた。(鶴見俊輔 序文より)

能登恵美子は『ハンセン病文学全集』完結を目指し、全国の療養所を回って地道に作品を集めた。ハンセン病患者たち、全集の編者たちから絶大な信頼を受け、同全集を完結させた。
「わすれさせてなるものか」という決意の人生を歩んだ編集者の遺稿集。

目次

序文
能登恵美子さん 鶴見俊輔
はっきりとした目的を持った人  加賀乙彦

射こまれた矢
タイムカプセルに乗った書籍
隔離の園の子供たち ――ハンセン病患者児童の作品を読む
「生の証し」後世へ集大成 ――ハンセン病「もう一つの運動」文学全集刊行
雲の行方

編集日誌

句集 むくろじ
自選句
拾遺

追悼・能登恵美子
呼ばれるから、境界まで行きたがる人 アサノタカオ
能登さんへ……縁側からおじゃましてます  阿部正子
村松武司 日韓とハンセン病に命をかけた詩人  安野光雅
能登恵美子さんの思い出  榎本初子
一期一会 太田 明
『射こまれた矢』に寄せて 清原 工
「尻尾のない犬」─忘れられたハンセン病小説・その周辺─ より 倉田孝一
清里の一夜 栗原哲也
鷗の唄  黒川 洋
能登恵美子さんのおもかげ 斎藤真理子
言葉の重さ、生のあかし 8月から刊行「ハンセン病文学全集」  白石明彦
一命はきりあるものよいと愛しく─能登恵美子 渡辺雅哉
未来の能登恵美子 晴山生菜

あとがき  藤巻修一

著者プロフィール

能登 恵美子  (ノト エミコ)  (著/文

1961年3月29日 能登帝雄、貞子の長女として東京都豊島区に生まれる。
1963 年2月13日 妹・明美誕生。
練馬区立中村小学校・中村中学校を経て、1979年豊南高等学校卒業。
卒業後は、アルバイトをしながらギター教室に通う。
1980年4月 高田馬場にあった日本児童文化専門学院第一期生として入学。創設者池田希氏によれば、出願したのも一番だったという。
教員に詩人の井出則雄、児童文学者の安藤美紀夫、大石真、藤田のぼる氏らがいた。
1983年3月卒業。いくつかの出版関係のアルバイトをへて、1985年皓星社入社。
『海人全集』(1993年)『ハンセン病文学全集』(2002 年~2010 年)などの編集を担当。
2011年1月18日『ハンセン病文学全集』出版により第7回出版梓会新聞社学芸文化賞。
2011 年3月7日 東京女子医大病院で逝去。享年49。

上記内容は本書刊行時のものです。