版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
本能寺の敵 加部鈴子(著/文) - くもん出版
..
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2

本能寺の敵 キリサク手裏剣

発行:くもん出版
四六判
縦195mm 横135mm 厚さ20mm
重さ 360g
232ページ
定価 1,300円+税
ISBN
9784774330709
Cコード
C8093
児童 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年4月24日
書店発売日
登録日
2020年2月7日
最終更新日
2020年4月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

明智光秀に仕える忍び、涼音。徳川家康に仕える忍び、風斗。ふたりの、本当の敵は誰だ――。


織田信長が天下統一目前の戦国時代。

忍びである涼音は、明智光秀に仕えていた。明智光秀や、明智の家族に心ひかれていく涼音。しかしそこへ、かつての仲間である風斗が忍びこむ。
徳川家康に仕える風斗は、敵なのか? それとも味方なのか?

切り裂かれていく仲間や大切な人との絆。争いの醜さや、忍びの宿命の切なさを描いた、「本能寺の変」の、もう一つの物語。

著者プロフィール

加部鈴子  (カベリンコ)  (著/文

群馬県在住。第10回ジュニア冒険小説大賞を受賞して『転校生は忍びのつかい』でデビュー。ほかの作品に、『サクラ・タイムトラベル』『風のヒルクライム』(いずれも岩崎書店)がある。忍びをこよなく愛する児童文学作家。

田中寛崇  (タナカヒロタカ)  (イラスト

イラストレーター。新潟市生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科情報芸術卒業。フリーランスのイラストレーターとして書籍装幀、扉絵・CDアルバムアートワーク・アプリケーション等様々な分野で活動。装画に、「車夫」シリーズ(いとうみく、小峰書店)、『体育館の殺人』(青崎有吾、創元推理文庫)、『卒業タイムリミット』(辻堂ゆめ、双葉社)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。