版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
てのひらに未来 工藤純子(著/文) - くもん出版
..

てのひらに未来

発行:くもん出版
四六判
縦195mm 横135mm 厚さ18mm
重さ 330g
208ページ
定価 1,400円+税
ISBN
9784774330549
Cコード
C8093
児童 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年2月27日
書店発売日
登録日
2019年12月5日
最終更新日
2020年2月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

中学生の琴葉が、家族や平和について考えながら、未来に進んでいく物語。

 中学2年生の琴葉は、そりのあわない頑固職人である父親や、居候の気になる年上男子・天馬に悩まされながらも、充実した学生生活を送っていた。琴葉の実家は、父の経営する町工場だったが、ある時期を境に、注文の量が減りはじめ、経営が危うくなってくる。注文が減りはじめた理由は、「琴葉の父が、大口の注文を断ったからだ」ということを知った琴葉は、父に理由を尋ねるが、頑として教えてはくれない。
 実家の危機に立ち向かうなかで、天馬の見せる優しさにふれた琴葉は、次第に彼のことを意識するようになる。やがて、彼の口から「中国人である母と、祖母の折り合いが悪く、家族がバラバラになってしまった」という事実を聞かされる。以来、ますます天馬のことが頭から離れなくなった琴葉。そんななか、これまで姿を見せなかった天馬の父親が工場を訪ねてくる、という知らせが入ってきて……

 第3回児童ペン少年小説賞を受賞した『セカイの空が見えるまち』や『となりの火星人』、『あした、また学校で』など、話題作を発表しつづけている工藤純子先生の新作は、「未来と平和」について考えるきっかけになる物語。

著者プロフィール

工藤純子  (クドウジュンコ)  (著/文

東京都生まれ。2017年、『セカイの空がみえるまち』(講談社)で、第3回児童ペン賞少年小説賞を受賞。おもな作品に、「恋するパティシエール」シリーズ、「ピンポンはねる」シリーズ、『モーグルビート!』(以上、ポプラ社)、「ミラクル☆キッチン」シリーズ(そうえん社)、『となりの火星人』『あした、また学校で』(以上、講談社)などがある。日本児童文学者協会会員。全国児童文学同人誌連絡会「季節風」同人。

酒井以  (サカイサネ)  (イラスト

イラストレーター。児童書の装画を手がけた作品に『わたしの苦手なあの子』(朝比奈蓉子・作)『かみさまにあいたい』(当原珠樹・作/以上、ポプラ社)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。