版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
田中信太郎-風景は垂直にやってくる 田中信太郎(著) - 現代企画室
.

田中信太郎-風景は垂直にやってくる

発行:現代企画室
B5判
縦257mm 横182mm 厚さ7mm
重さ 250g
80ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-7738-2006-5
Cコード
C0071
一般 単行本 絵画・彫刻
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年8月8日
書店発売日
登録日
2020年8月18日
最終更新日
2020年9月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

田中信太郎の60年にわたる作家人生は、1960年以降の日本の現代美術史そのものと言っても過言ではない。

田中信太郎の鮮烈なデビューは高校を卒業したばかりの19歳のとき。その後、読売アンデパンダン展で注目を集め、田中のミニマルな表現は美術界のみならず、倉俣史朗をはじめとするデザイナー、建築家にも強いインパクトを与えた。そして「人間と物質」展やヴェネツィア・ビエンナーレなどの国際展で日本を代表するアーティストとして活躍。

本書は、その初期から晩年までの主な作品を、ドキュメント写真や作家自身の言葉も交えながら網羅的に紹介した作品集である。
光田ゆり、中井康之、保坂健二朗、篠原有司男、吉野辰海、中原浩大によるエッセイや池田修×北川フラムの対談なども収録。

2019年8月に亡くなった田中信太郎を偲び、市原湖畔美術館にて2020年8月8日から10月18日まで個展を開催。

市原湖畔美術館
https://lsm-ichihara.jp/

著者プロフィール

田中信太郎  (タナカシンタロウ)  (

1940年、東京生まれ。茨城県立日立第一高校卒業後、上京。二紀会展(褒賞)、 読売アンデパンダン展に出展。 1960年、ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズに参加。その後、第6回パリ青年ビエンナーレ展(ʼ69)、第36回ヴェネツィア・ ビエンナーレ(ʼ72)への参加など、国際的に活躍。80年より病気療養のためしばらく制作から離れるが、回復後、《風景は垂直にやってくる》(ʼ85)を発表。ブリヂストン本社ロビー彫刻《そのとき音楽が聴こえはじめた》(ʼ86)、越後妻有《〇△□の塔と赤トンボ》、札幌ドーム《北空の最弱音》などのコミッションワークを多数手がける。2001年「饒舌と沈黙のカノン」(国立国際美術館)開催。日立市のアトリエで精力的に制作を続けた。2019年8月23日、逝去。

上記内容は本書刊行時のものです。