版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
命に善いものは美しい 岡留 恒健(著) - 現代企画室
.

命に善いものは美しい 旅立った妻への想いと命の連帯への祈り

発行:現代企画室
四六判
縦196mm 横137mm 厚さ10mm
重さ 250g
180ページ
上製
価格 1,600円+税
ISBN
978-4-7738-2005-8
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年8月19日
書店発売日
登録日
2020年8月7日
最終更新日
2020年8月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

一言、付記の内容も「凄い!」、夜一気に読み終えた。
矩子さんとの馴れ初めから最期の日々まで、
かくして愛は昇華するのかと、
まるでドキュメントを観ている錯覚に陥った。
阿部秀司(映画プロデューサー)

「生きものの幸せは命の連帯と自然の循環の中にある」。自然とは循環の別名だ、とつくづく想う。そして命さえも、大宇宙で循環する無限の素粒子の悠久の流れが、一瞬小さな渦という命になって留まり、消えて又素粒子の流れに戻って、別の渦に変容していく姿だった。 (本文より)

デビスカップテニス代表選手、国際線パイロット、ユニセフ普及活動、52歳でのエベレスト登山・・・
さまざまな遍歴を重ね「循環」の思想に辿りついた著者が綴る、60年連れ添った妻の介護と旅立ちの記録と、続く世代に劣化の少ない生命圏をつなぐ願い

著者プロフィール

岡留 恒健  (オカドメ コウケン)  (

1934年、福岡県福岡市に生まれる。
1956~1957年、テニスのデビスカップ日本代表。
慶応義塾大学卒業後、日本航空に地上職で入社。熱望し操縦士に転向した。機長としての飛行時間14000時間。総飛行時間17000時間。
日本航空を通じて約30年ユニセフ普及に従事、日本ユニセフ元評議員。夢みるこども基金元理事。
1986年、エベレスト登山、約8100メートルまで。酸素ボンベは不使用。
現在、美しい山々に囲まれた山梨県北杜市に住む。
著書
『機長の空からの便り―山と地球環境へのメッセージ』山と溪谷社、1993年
『永い旅立ちへの日々』現代企画室、2012年
『人類の選択のとき』現代企画室、2014年

上記内容は本書刊行時のものです。