版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
Hillside Terrace 1969-2019 ヒルサイドテラス50周年実行委員会(監) - 現代企画室
.

Hillside Terrace 1969-2019 アーバンヴィレッジ代官山のすべて

発行:現代企画室
B5判
縦257mm 横180mm 厚さ30mm
重さ 1050g
424ページ
並製
価格 3,500円+税
ISBN
978-4-7738-1906-9
Cコード
C0070
一般 単行本 芸術総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年11月15日
書店発売日
登録日
2019年11月6日
最終更新日
2020年2月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「ここでの多様な人々との日常的な出会い、
そしてそこから生まれる自然なコミュニティ意識の発生は
大都市であればあるほど、大事なことなのではなかろうか。」
―槇文彦

誕生から50周年を経た代官山ヒルサイドテラス。建築家・槇文彦と施主・朝倉家との出会いと協働は、代官山という街の核をつくり、そこを舞台に、時代の先端を切り拓く多様な人々が、住み、働き、集ってきた。
本書は、これまであまり語られてこなかったヒルサイドテラスの商業・文化活動、まちづくり、それらを担ってきた“人”に焦点をあて、「アーバンヴィレッジ代官山(都市の中の村)」といわれるヒューマンスケールのまちづくりはいかに可能となったのかを詳らかにする。
「日本の20世紀遺産20選」への選出など、一不動産会社の民間事業が広く国内外で社会資産として認知されるに至ったのはなぜなのか。サステイナブルな建築とは何か。豊富な写真・資料、各界を代表する人々の証言とともに明らかにする。


ヒルサイドテラス50周年、各界の寄稿者による「ヒルサイドテラスとわたし」を収録。
青田房子/朝吹真理子/安藤忠雄/粟津潔/石原貞治/井草広之/池田修/井出櫻子/稲葉貢一/稲葉賀惠/岩橋謹次/植田実/遠藤精一/太田幸夫/岡本仁/川添善行/川俣正/KIGI/北川一成/北川フラム/隈研吾/後藤陽次郎/小林博人/佐藤友紀/佐藤允彦/末盛千枝子/スティルウォーター/須磨久善/フレディ・スヴェイネ/滝沢直己/ゲン垂水/團紀彦/出川博一/遠山正道/永井一史/中原慎一郎/原広司/原田幸一郎/藤江和子/槇文彦/増田宗昭/松隈洋/三木谷浩史/水上一/皆川明/元倉眞琴/柳澤伯夫/山名善之/山本理顕/湯山玲子/吉田忠裕/芳村真理/ソフィー・リチャード

新津保建秀による撮り下ろし「Hillside Scenery」収録

上記内容は本書刊行時のものです。